주요 기사 바로가기

<サッカー>池東源、7月にドルトムント行き…2018年まで契約

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.18 12:08
0
2014年ブラジルワールドカップ(W杯)出場を目指すサッカー韓国代表のFW池東源(チ・ドンウォン、23)が絶妙な選択をした。イングランドのサンダーランドを離れ、ドイツのアウクスブルクを経てドルトムントへ行く。

独ブンデスリーガのドルトムントは17日、球団ホームページで、池東源の獲得を公式発表した。7月1日にチームに合流し、契約期間は2018年夏まで。ドルトムントに入団するまで残りのシーズンはドイツのアウクスブルクでプレーする。

欧州では選手の契約期間が残り6カ月以内となれば、球団の同意なく他のチームと契約できる。池東源側はこうした点を活用し、アウクスブルクを経て名門ドルトムントに移籍するという最高のシナリオを実現させた。

池東源はサンダーランドで出場機会をつかめなかった。W杯を控えた時点でマイナス材料だ。アウクスブルク行きはこうした悩みを一気に解決する方法だ。アウクスブルクは池東源が昨季もレンタルされたチームで、5得点して1部リーグ残留に寄与した。今回も出場が保証された。「所属チームで試合に出場してこそ代表チームに選抜する」という洪明甫代表チーム監督の原則に合うチームだ。

W杯後にはドルトムントで、より大きな挑戦を始める。ドルトムントは昨季の欧州チャンピオンズリーグで準優勝している。池東源の側近は「前方でプレスをかけるドルトムントのユルゲン・クロップ監督(47)は活動量が多い池東源を高く評価した。池東源をロベルト・レヴァンドフスキ(26)のように育てることを望んでいる」と伝えた。

ヴォルフスブルクの主力争いで劣勢の具滋哲(ク・ジャチョル、25)の移籍も近づいている。チェルシーのケビン・デ・ブライネ(23)が加勢したことで、具滋哲はチーム内でポジションを失っている。具滋哲の代理人は「ドイツのマインツ、アウクスブルク、フランクフルト、フライブルクが具滋哲を望んでいる」と伝えた。2年前からラブコールを送ったきたマインツ行きが有力だ。マインツのトーマス・トゥヘル監督は具滋哲を中心にチームを再編する計画も立てている。

イングランドのアーセナル主力争いで完全に押し出されている朴主永(パク・ジュヨン、29)も移籍チームを調べている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>池東源、7月にドルトムント行き…2018年まで契約

    2014.01.18 12:08
    뉴스 메뉴 보기
    池東源(チ・ドンウォン)
    TOP