주요 기사 바로가기

「従来の太陽政策補完を」vs「新太陽は小説家の言葉遊び」…民主党内で賛否(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.17 10:36
0
親盧に分類されるある議員は「民主党は金大中、盧武鉉元大統領の2人が首脳会談で合意した内容を継承した政党」とし「キム代表の言葉は南北関係がうまくいく時に話すことであり、いま話す時ではない」と一蹴した。このほか、「セヌリ党の第2中隊に転落する」「キム代表は野ウサギを捕まえようとして家のウサギまで追うセヌリ党のトロイの木馬になるだろう」 「太陽政策のために崩れたのか。太陽政策さえ正しくしていれば南北関係がこのようにはならなかった」という言葉も出てきた。

一方、党役員と3選以上の重鎮、湖南(全羅道)議員の中には、「本質的な内容は維持する」という前題で補完論者が多かった。「すべての政策は変化が必要だ」という認識だ。6月の地方選挙を控えて中道層に外縁を拡大しようとする党指導部の“右クリック”戦略と、湖南議員の地域に対する自信が反映された結果とみられる。

民主政策研究院長の卞在一(ビョン・ジェイル)議員は「太陽政策は対北交流・対話を通じて、北を改革・開放の道に導こうというものだったが、結果的に北は核を開発した」とし「状況が変わった以上、対北政策も変わらなければいけない」と述べた。

湖南の重鎮の金星坤(キム・ソンゴン)議員(全南麗水甲、4選)は「キム代表の話は原則を完全に変えるという言葉には聞こえなかった」と支持を表した。この地域の別の重鎮議員は「太陽政策を一方的な支援だというが、そうでないことを認識させるには、国民が望む方向に近付かなければいけない」と強調した。

元4つ星将軍の白君基(ベク・グンキ)議員も「太陽政策の本質は非常に良いものだが、その方法において国民が心配する部分は、一度決めたからといってそのまま進まなければいけないというものではない」と同感を表した。

「張成沢(チャン・ソンテク)処刑事件など北が強硬に動いている中、これに合わせて対北政策も変えるべき」(姜昌一議員、済州甲、3選)、「平和友好政策はよいが、国民の感情や複雑な問題に対し、民主党がもう少し積極的にアピールしなければいけない」(金潤德議員、全州完山甲)という意見もあった。

一方、湖南出身議員のうち朴智元(パク・ジウォン)議員(3選、木浦)は「何をアップグレードするのかという内容もなく、とにかくアップグレードしようと話している」と指摘した。ソウルのある重鎮議員は「太陽政策を補完するというのが少しでも修正することを意味するのなら、私は断固反対する」と述べた。

民主党で太陽政策は単なる政策でなく、アイデンティティーだ。キム代表が今後、具体的なアップグレード案を出せば、論争がさらに加熱する可能性が高い。


「従来の太陽政策補完を」vs「新太陽は小説家の言葉遊び」…民主党内で賛否(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP