주요 기사 바로가기

韓国史教科書、修正補完が最終的に完了…親日論争が起きた表現を修正(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.14 10:50
0
セヌリ党と教育部が現行の韓国史教科書発行体系の改善案を今年6月末まで出すことにした。国定教科書に転換する可能性も開いている。しかし民主党は「政府・与党が歴史教科書を掌握しようという意図を公言した」と反発し、教科書検定体制の変更問題をめぐり葛藤が続く見込みだ。

金姫廷(キム・ヒジョン)セヌリ党第6政調委員長は13日、国会で開かれた政府・与党協議の後、「現行の検定体制は教育部の監修が十分に行われず、事実上、認定体系と変わらない」とし「事実に基づいて歴史を記述し、バランスがとれた歴史認識が保証されなければならないという2つの原則を基礎に、すべての改善策を開いておき、検討することにした」と述べた。金委員長は「国定教科書への転換を含め、すべての改善策の可能性を開いておく」と明らかにした。

◆教科書自律採択保障装置も準備

徐南洙(ソ・ナムス)教育部長官もこの日午後、済州道で市・郡・区教育責任者に特講をし、「新しい教育課程を作りながら、バランスがとれた韓国史教科書を開発するため、国定教科書への転換を含む根本的な改善案を検討し、推進する」と述べた。教育部に教科書を編集・修正する「編修組織」を新設する案を発表した徐長官はこの日、政府・与党協議の後、国定教科書転換の検討に従来より強い語調で言及した。

編修組織の拡大に対し「意図に合わせて教科書を作ろうということ」と反発した民主党と進歩陣営は、「教育部が大統領の一言、セヌリ党の政治家の言葉通りになる無所信の極致を見せている」とし「憲法が保障する教育の政治的中立性の原則が消えただけに、教科書の混乱に対する責任を取り、教育部長官は退くべきだ」と批判した。

民主党のペ・ジェジョン報道官は「親日と独裁を美化するのが『バランスが取れた歴史認識』なのか」とし「教育部とセヌリ党は朴槿恵(パク・クネ)大統領の『維新回帰プロジェクト』を直ちにやめるべきだ」と述べた。

政府・与党は学校が教科書を自律的に採択できるよう保障する法的・制度的装置も準備することにした。金委員長は「生徒の学習権を侵害する一切の行為を容認しない」とし「採択の翻意をどのラインまで認めるかも検討する」と述べた。セヌリ党の金世淵(キム・セヨン)議員は「歴史教師3人が韓国史教科書3種類を推薦するが、歴史の教師が1人だけのソウルのある高校では教学社の教科書を選定しない条件で近隣学校の教師の名義を借りて進行したという情報提供があった」と公開した。

一方、韓国史教科書8種類に対する修正・補完がこの日、完了し、印刷作業に入った。8種類の教科書は2250件を修正した。最近行われた出版社独自の修正は計937件だったが、教学社が751件(80%)で最も多かった。中央日報がこの日発行された教学社の韓国史教科書最終原本を入手し、修正前の教科書と比較した結果、親日という批判を受けた「慰安婦は日本軍部隊が移動する度についていくことが多かった」という表現は、「軍駐屯地で搾取されただけでなく、戦線に動員され、強制的に連行されることが多かった」と修正された。この内容は最終原本以前にも、「日帝の人的収奪」という題目の下、「提示された資料は日帝が韓国人を強制収奪した事例」という説明とともに載せられていた。
韓国史教科書、修正補完が最終的に完了…親日論争が起きた表現を修正(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国史教科書、修正補完が最終的に完了…親日論争が起きた表現を修正(1)

    2014.01.14 10:50
    뉴스 메뉴 보기
    日本軍慰安婦関連表現で物議をかもした教学社の韓国史教科書の249ページ目が修正された。昨年の展示本(左側)では「慰安婦は日本軍部隊が移動する度についていくことが多かった」と表現されている。教学社は最終修正本(右側)で「戦線に動員され、強制的に連行されることが多かった」と修正した。
    TOP