주요 기사 바로가기

【時論】韓国、「産業サンドイッチ」から脱出しよう(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.02 16:44
0
3カ国間の生き残りをかけた競争で、韓国は相対的に不利な状況にある。中国・日本に比べ人口が5000万人にしかならない小さな市場であるうえ、確固たる比較優位がないからだ。部品・素材・装備分野では日本との技術格差を狭めることができず、製品組立分野の競争力は少数大企業に集中しているうえ、それも中国の追撃という脅威を受けている。下手をすると中国の製品組立、日本の部品・素材・装備に挟まれた「産業サンドイッチ」状況に転落することも考えられる。

しかも韓国社会は2016年頃から高齢社会、2025年頃には超高齢社会に入る。韓国経済がこの期間に最後の峠を乗り越えられなければ、結局、先進国の頂上に立てないだけでなく、中国の周辺国に終わる可能性も排除できない。

韓国が競争で生き残って頂上に立つために必要な成長動力は何か。一つ目、部品・素材・装備分野を中心にグローバル競争力を備えた多数の中小・中堅企業を育成し、新しい成長動力の主体としなければならない。こうした中小企業が韓国経済を牽引してこそ、厳しい最後の峠をバランスよく越えられるだろう。二つ目、産業構造の高度化と雇用問題解決のために、相対的に後れたサービス産業の高付加価値化が急がれる。サービス産業で新しい動力を見いださなければならないということだ。3つ目、狭い内需市場の限界を克服するために、人口14億人の中国消費市場とインド・ASEAN(東南アジア諸国連合)など新興市場の開拓のための努力が続かなければならない。この市場を私たちの内需市場と認識する必要がある。

最後の峠の前に立った韓国は、二極化・福祉需要・青年失業などの重荷を背負っている。競争相手も手強い。しかし今、持続成長の枠を用意しなければ頂上は遠ざかるだけだ。新年には政府と企業、そして労働者のすべての最後の峠を乗り越えるのに総力を尽くさなければならない。

アン・ヒョンホ貿易協会副会長
【時論】韓国、「産業サンドイッチ」から脱出しよう(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP