주요 기사 바로가기

【時論】未来は宇宙だ=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.27 15:12
0
数日前、中国の「嫦娥3号」が世界で3番目に月面着陸に成功した。中国は自力で宇宙飛行士を輩出したのに続き、独自の宇宙ステーション建設を推進している。さらに月着陸まで成功させ、確実に宇宙強国に浮上した。これは中国政府が緻密な宇宙開発計画を立て、果敢に投資したために可能だった。先日、韓国も国家宇宙委員会を開き、2040年までの宇宙開発振興基本計画を発表した。

しかし宇宙開発には政府の一貫した政策と持続的な支援、ビジョンの共有が何よりも重要だ。こうした点で長期的な宇宙開発の青写真を提示した今回の計画は大きな意味を持つ。その内容も挑戦的で進取的だ。韓国型ロケット開発を通した自力打ち上げ能力の確保など、先進国レベルの宇宙開発競争力を保有するという目標も明らかにした。韓国の経済レベルと国家の地位にふさわしい挑戦的で進取的な目標と課題だ。

目を引くのは宇宙技術産業化戦略を一緒に出したという点だ。宇宙開発を通じた「未来の富」を創出するため、関連産業界が宇宙開発に積極的に参入するということだ。世界経済は低迷しているが、各国政府の宇宙開発予算と商業宇宙市場の規模は膨らんでいる。宇宙技術が新技術と高付加価値を創出する「総合体系技術」の性格を持つからだ。経済協力開発機構(OECD)の研究結果によると、宇宙開発の経済的効果は投入費用に対する効果が1.75-3.4倍、間接効果は4倍以上にのぼる。宇宙空間が日常的な経済活動の領域となる「宇宙経済」時代に入りということだ。民間の宇宙開発参加が拡大し、宇宙開発の産業化と商業化も加速している。観測・通信・航法など衛星サービス市場が着実に成長し、民間宇宙ロケット開発、宇宙観光商品など新たな市場が創出されている。こうした状況を考えると、政府が宇宙技術産業化戦略を発表したのは画期的なことだ。
【時論】未来は宇宙だ=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP