주요 기사 바로가기

韓国ガス公社、海外資源開発の狙いはずれる…今年3400億ウォンの赤字(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.19 13:06
0
#1=2009年12月18日、韓国ガス公社理事会はカナダのホーンリバーとウエストカットバンク地域の鉱区取得を決めた。2つの鉱区を一括で買収するのは経済的でないとの諮問士の勧告があったがカナダのエンカナが分離売却を拒否したため一括買収が決定された。総投資金額は27億8500万ドル。これまでホーンリバー鉱区に6億7700万ドル、ウエストカットバンクに2億5200万カナダドルが投入された。

#2=2010年、ガス公社はオーストラリアのGLNGプロジェクトにも参加した。オーストラリア・クイーンズランド州内陸に位置する石炭層のメタンガスを開発し、オーストラリア東部のカーティス島で液化天然ガス(LNG)に変換して輸出する事業だ。ガス公社はプロジェクト権益の15%を獲得し、2015年から20年間にわたり年間350万トン規模のLNGを輸入することで契約した。

これら事業は当時「エネルギー自立」を操り上げる模範事例として広報された。李明博(イ・ミョンバク)政権がエネルギー資源外交に注力している時でもあった。しかしこの数年でこれらはガス公社の悩みの種に転落した。鉱区を高値で取得したが、その直後に米国のシェールガス開発が本格化して鉱区価値が急落し、莫大な損失を負わせているためだ。

何よりタイミングが良くなかった。ガス公社が積極的な海外投資をした時は天然ガス価格が高止まりの時だった。2008年夏に天然ガス価格は百万BTU(25万キロカロリーの熱量を出すガス量)当たり14ドル近くまで高騰した。その後米国のシェールガス開発が始まると天然ガス価格は翼を失い墜落が続いた。昨年春には2ドル台まで落ち込んだ。今年に入りやや反騰したが4ドル水準にすぎない。

ガス価格の下落は鉱区価値の下落につながった。ガス公社は16日の証券取引所の取引終了後に今年年間業績見通しを訂正公示した。純利益は当初予想の2993億ウォン(約293億円)の黒字から3422億ウォンの赤字に変わった。ホーンリバー鉱区などで発生した3000億ウォン以上の評価損が反映され大規模赤字に転換したのだ。これに先立って今年第1四半期にもガス公社はウエストカットバンクとウミアク鉱区で2100億ウォンの評価損を反映した。第2四半期も東ティモール鉱区で生じた損失額277億ウォンが計上された。大規模赤字が伝えられ株価は急落傾向を示した。今週に入り3日連続で下がり6.87%下落の6万3700ウォンで取り引きを終えた。

まだ業績に反映されていない伏兵はオーストラリアのGLNGプロジェクトだ。当初買収金額は6億1000万ドルだったがその後に開発が進められ12億ドル以上の投資額がさらに必要となった。この投資もガス公社に莫大な損失を抱かせるものとみられる。ガス公社が野党民主党の呉泳食(オ・ヨンシク)議員に提出した資料によると、このプロジェクトの現在の価値は投資金額に比べ7億6000万ドルも低い。呉議員は「世界のエネルギー市場の流れを読むことができなかった無理な投資だった」と指摘した。
韓国ガス公社、海外資源開発の狙いはずれる…今年3400億ウォンの赤字(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ガス公社、海外資源開発の狙いはずれる…今年3400億ウォンの赤字(1)

    2013.12.19 13:06
    뉴스 메뉴 보기
    韓国ガス公社。
    TOP