주요 기사 바로가기

別格のBIGBANG、福岡公演に10万人

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.12.09 10:48
0
BIGBANGが福岡ヤフオク!ドームに10万人の観客を集結させた。

BIGBANGは7、8日、日本6大ドームツアーの一環として福岡ヤフオク!ドームで開催した公演に10万人の観客を動員、現地での熱い人気を立証した。

海外歌手の中で初めてとなる日本6大ドーム ツアー「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014」を行っているBIGBANGは、今回の公演で華麗なパフォーマンスとライブステージで日本のファンたちを引きつけた。BIGBANGは大変な規模を誇るドーム公演会場で、舞台から遠く離れた観客1人ひとりまでを考慮してステージ全体が動くフライングステージやムービングカーを利用し、ファンたちを感動させた。またメンバー5人は各自ソロステージを披露して、それぞれの音楽的カラーと共に個性と魅力を発散した。

BIGBANGは2009年に発表した日本デビューシングル『MY HEAVEN』、日本レコード大賞最優秀新人賞の栄光を手にしたヒット曲『ガラガラGO!!』などをはじめ『Fantastick Baby』、『Bad Boy』など計30曲余りの歌を披露して、3時間近くに及ぶ公演を余すところなく華麗に行った。

特にBIGBANGメンバー全員が日本語を駆使し、日本のファンたちとの交流はより一層自然になった。またT.O.PとSOLは流暢な日本語でファンたちにユーモアセンスを見せて大きな反応を受けたという後日談だ。

先月16日に埼玉西武ドームでドームツアーのタートを切ったBIGBANGは、大阪ドームに続き今回の福岡ヤフオク!ドームまで計3カ所のドームツアーを終えた状況だ。

今回のドームツアーは、大阪の追加公演1回を含む6都市16回公演に計77万人の観客を動員するという、けた違いのスケールで韓国内だけでなく日本メディアも注目している。

日本の現地関係者は「BIGBANGのドームツアーに対する日本ファンたちの反応がますます熱を帯びている。昨年は福岡で1日だけの開催だったのに、今年は2日にかけて開催した。2日間で視界制限席をオープンしても足りないほどファンたちのチケット争奪戦が激しかった」と伝えた。

一方、今回のBIGBANGのドームツアーにはYGエンタテインメントの新人男性グループ「ウィナー(WINNER)」がオープニング公演をつとめて注目された。彼らは『GO UP』、『OFFICIALLY MISSING YOU』を熱唱して新人グループとは思えない実力を披露し日本ファンたちに強く印象づけた。

BIGBANGはこの後、14、15日ナゴヤドーム、19~21日東京ドーム、来年1月4日札幌ドーム、1月11~13日まで大阪京セラドームで公演を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    別格のBIGBANG、福岡公演に10万人

    2013.12.09 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014」福岡講演の様子。
    TOP