주요 기사 바로가기

“国宝1号”南大門の復元、一般建物と同じく“運札”=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.03 15:21
0
◆運に任せた崇礼門工事=崇礼門復元工事を「ターンキー方式」(施工者が設計と施工の責任をすべて負う一括受注契約)の一般官給工事で進め、工期は厳格に適用された。「100億ウォン以上300億ウォン未満の官給工事は調達庁を通じて適格審査入札制でしなければならない」という規定に従ったからだ。

問題は入札方式だ。国宝1号文化財の補修工事の施工者を選ぶ際も調達庁の入札方式に基づいた。業界では官給工事の入札を「運札」と呼ぶ。運が良ければ選ばれるという意味だ。実績・信用評価などの資格要件や入札価格を審査するというが、最も重要なのは抽選の結果だ。

今回の崇礼門入札には計13社が参加した。会社側がオンライン入札サイトで資格要件や価格などの項目を入力すれば、コンピューターがこれを点数化して順位をつける。トップになったからといって選ばれるわけではない。その後、無作為番号抽選を通じて、決められた「予定価格」に最も近い価格を書いて出した会社が落札される。コンピューターで入札が進行されるため、入力締め切り後から最終落札者にミョンホン建設が決定するまでわずか1時間しかかかっていない。

これに関し文化財庁の関係者は「審査はすべて調達庁に一任したので何も分からない」と話した。文化財業界では「ミョンホン建設も専門業者の一つだが、これより大きな宮廷工事をした企業が脱落したのは意外だった」という声が出ている。

慶煕大のパク・チェギュ教授(産業関係研究所)は「いわゆる“運札制”になれば問題がある企業が落札することもあり、難易度を高めれば少数だけが入札に参加する談合の懸念が生じるという問題がある」と指摘した。
“国宝1号”南大門の復元、一般建物と同じく“運札”=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP