주요 기사 바로가기

ソニー、スマートかつらの特許出願…ウェアラブル機器競争が加速

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.28 13:28
0
ソニーが米国でスマートかつらの特許を出願した。スマートウォッチ、スマートグラスに続きかつらまで登場し、ウェアラブルコンピュータ競争が速度を上げている。

ブルームバーグは27日、「ソニーが血圧測定と衛星利用測位システム(GPS)、プレゼンテーション機能を持つスマートかつらに対する特許を米国で出願した」と報道した。ソニーは特許出願書類に、「スマートかつらにひとつ以上のセンサーとプロセッシング装置、コミュニケーションインターフェースなどが入っている」と明らかにした。かつらには牛や馬から抽出した毛、またはこれと類似した人工物質が利用されるものとみられる。ソニーはこの日特許出願見本としてプレゼンテーションウィッグ、ナビゲーションウィッグ、センシングウィッグの3種類のかつらを提示した。同社広報担当の高橋さおり氏は、「商品化のめどは立っていないが、研究は続けている」と話した。

頭にかぶるスマートかつらが実際に発売される場合、ウェアラブル機器競争はさらに熱くなる見込みだ。すでにスマートウォッチはサムスン「ギャラクシーギア」、ソニー「スマートウォッチ2」、クアルコム「トーク」が発売され、来年にはアップルが「アイウォッチ」を出す予定だ。グーグルは写真と動画撮影などが可能なスマートグラス「グーグルグラス」の試作品を出したのに続き来年から市場に出す。サムスン電子もスマートフォンと連動するスマートグラスのデザイン特許を登録した。専門家らは今後5年以内にウェアラブル機器市場が現在の5倍となる190億ドル規模に成長すると予想している。一方、アップルは撮影後に写真のピントを合わせるカメラ技術に対する特許を確保した。米IT専門メディアのアップルインサイダーは26日、アップルがマイクロレンズアダプターを使い、すでに撮影した写真のピントを合わせ直す技術に対する特許を取ったと報道した。スタンフォード大学卒業生のレン・ン氏が開発したライトロカメラで初めて発表されたものだ。アップルはライトロとは異なる方式でこの技術を実現し特許を得た。スティーブ・ジョブズは生前にレン・ンを自宅に招き、技術試演を見て「写真術の革命」と話し大きな関心を見せていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP