주요 기사 바로가기

【中央時評】米国、またアジアに戻る(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.26 17:22
0
スーザン・ライス米大統領補佐官(国家安全保障担当)は20日、ジョージタウン大学で米政権のアジア・太平洋外交政策全般をテーマに演説した。この演説が重要な理由は2つある。一つは、米国政府機関閉鎖(シャットダウン)事態でオバマ大統領が10月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)と東アジア首脳会議への出席を取り消した後、これまで追求してきたアジアのリバランス(再均衡)政策またはアジア重視政策に対する公約が守られるだろうかという疑いが強まっているという点だ。ライス補佐官はこの演説で、オバマ大統領が来年4月のアジア訪問を推進していると明らかにした。これはこの地域の関連公約を守ろうとする努力を見せ、孤立状態を解消しようという最初の主要な試みだった。

もう一つの理由はオバマ政権2期目ではアジア政策のための強力な報道官がいなかったという点だ。オバマ大統領が外交政策をテーマに行った9月の国連演説は、全面的に中東に焦点を合わせた。オバマ1期目ではクリントン国務長官やスタインバーグ副長官のようにアジアに関連した背景やアジェンダがある人物がいたが、オバマ大統領が新たに任命した外交安保分野の閣僚級指名者の中には誰もいなかった。

実際、オバマ政権のアジア政策の問題点の一つは、特定人物に過度に依存してきたということだ。これとともに、北京に挑発的ともいえるイシューを毎年または隔年で繰り返し強調してきたという点も、少なくともこの地域の人たちには問題として映るかもしれない。ライス補佐官は、オバマ政権が原則と戦略を維持することでこうした印象を正し、アジア地域で追求する最終的な目標について初心に戻ろうと提案することで、やるべきことを十分にした。

ライス補佐官が提示したビジョンにはいくつか注目すべき点が見える。最初に、韓国人はこの演説が同盟の重要性を強調しながら始まったという事実に注目しなければならない。これはすべての政権が繰り返し強調してきたテーマだが、現在の政権は北朝鮮問題および中国の不確かな未来の役割と関連し、米国と同盟国が必ず直面することになる挑戦について十分に強調することができなかった。

米国と中国の未来の関係に関する説明も、微妙でありながら包括的だ。ライス補佐官は、米国が中国と「主要強大国関係の新しいモデル設定」を追求すると言及した。これは中国の習近平国家主席が提示した原則を受け入れるという意味に見える。問題は、米国の台湾への武器販売、地域海洋領土紛争、米国の軍事作戦などに対する中国の関心に米国が順応する方式の「強大国間の新しい関係モデル」を北京が好むという点だ。
【中央時評】米国、またアジアに戻る(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP