주요 기사 바로가기

来年から人格教育を小中高校で義務化=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.26 09:53
0
来年から学校での人格教育が法で義務化される。韓国政府は5年ごとに人格教育基本計画を策定し人格教育振興委員会、人格教育振興院などを設立して細部政策を審議・実践する。全国の小中高校で教える人格教育科目の授業時間と予算が法令で定められる。

国会人格教育実践フォーラムは26日にセミナーを開き、こうした内容を盛り込んだ「人格教育振興法」草案を公開する。草案は人格フォーラムと教育部、ソウル大学のチョン・チャンウ教授チームが共同でまとめた。与野党の議員50人余りで構成された人格フォーラムは来年2月に法案を発議し4月中に通過させる計画だ。常任代表の与党セヌリ党鄭義和(チョン・ウイファ)議員は、「これまで人格教育は掛け声で終わっていた側面があるが、人格教育法制定で実効性のある具体的な政策が出てくることになるだろう」と話した。

法案によると、政府が5年ごとに策定する人格教育基本計画には推進課題と細部実現方策、財源調達方法などが盛り込まれる。

市・道教育長も基本計画により毎年人格教育施行計画を立てなければならない。個別の学校は総予算の一定比率を人格教育予算に使い、教育内容を教育長に報告する。人格教育の授業時間も大統領令で決めることにした。師範大学、教育大学では人格教育関連科目を必修で履修するようにした。

教育部の徐南洙(ソ・ナムス)長官は、「人格教育法制定が教育の本質的意味を回復するのに大きな役割をするだろう」と話した。人格フォーラム共同代表である民主党の辛鶴用(シン・ハクヨン)教育文化体育観光委員長は、「人格教育強化に向け与野党の議員が超党派的に乗り出している」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP