주요 기사 바로가기

【噴水台】韓国の人格教育、両親が手を離せば解決できない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.03 14:07
0
韓国の最近の教育政策のキーワードは“人格教育”だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領が人格教育のために筆記試験中心の評価方式の見直しに乗り出した。これに対し、すでに教育関連213団体が人格教育汎国民実践連合をつくって『優秀人格教育プログラム公募』を打ち出したほか、忠北道(チュンブクト)教育庁は、地域の学校から人格教育活性化活動計画書を受けて160校を選び100万ウォン(約9万3620円)ずつ支援することにした。学校も、両親に代わって人格教育競争に飛び込むほかない状況だ。

子供たちの性格がそんなに問題なのかと? 昨年の教育部人格教育実態調査によれば、教師・学生・両親の54~80%に性格の問題があると指摘された。ところで、性格形成に最もマイナス要因については、学生・両親は「成績中心の学校教育」を最も多く挙げ、教師の半分近く(45.6%)は「両親の誤った教育観」を挙げた。教育専門家は人格教育には家庭教育が最も重要だと話す。昨今の性格問題は、家庭での教育の誤りが大きいように思われるということだ。

私たちの家庭教育において、何を誤ったのか。実際、有史以来このように子供教育にのめり込む両親たちであふれる時代はなかった。両親たちは、学校の代わりに情報戦に乗り出し、知識の課外授業に経済的犠牲を払う。それでも子供たちの性格は悪くなり、両親は非難を受けて、国が両親の代わりに人格教育に立ち向かう状況にまで来てしまった。国もうまくやってくれれば良いが、一度きりのイベントで終わったらどうするのかと心配だ。いっそ今からでも、両親と子供たちに少しずつじっくりと「両親の役割をする方法」から教えるのはどうだろうか。

ヤン・ソンヒ論説委員
【噴水台】韓国の人格教育、両親が手を離せば解決できない(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP