주요 기사 바로가기

<野球>張本勲氏「アジアシリーズは意味がなくなる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.25 10:50
0
日本プロ野球の伝説、張本勲(韓国名・張勲)がアジアシリーズに向けて苦言を呈した。

張本氏は24日、日本テレビ番組「サンデーモーニング」に出演し、優勝を逃した楽天に苦言を呈したほか、最近八百長疑惑まで浮上したアジアシリーズに懸念を表した。

張本氏は「楽天は若手中心でベストメンバーではない。これではアジアシリーズの意味がなくなる」とし「田中将大も1イニングでいいから投げてほしかった。(日本シリーズでは)160球投げた翌日も投げさせている。各国に失礼だし軽く見ていると思われても仕方がない」と伝えた。

楽天は今回のアジアシリーズに若手中心で参加し、準決勝で台湾の統一に1-4で敗れた。エースの田中は台湾遠征に参加したが、登板しなかった。

アジアシリーズの後にはある豪州メディアから八百長疑惑が流れた。ある豪州メディアは23日、「アジアシリーズで優勝した豪キャンベラ所属のブラジンスキー捕手が、台湾の八百長勢力から3万ドル(約300万円)を渡すから負けてほしいという話を受けたと申告し、現在、台湾警察が捜査中」と報じた。

アジアシリーズはアジアのクラブ野球の最強を決め、アジアの野球交流を拡大する目的で、2005年に始まった。2009年と2010年にはスポンサー問題で大会が開かれなかったが、2011年に再開された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP