주요 기사 바로가기

韓国、経常黒字で「ウォン高」危機(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.21 09:22
0
外国人のバイコリアも停滞している。ウォン急騰に負担を感じた外国人は先月30日から16営業日連続で3年物国債先物を売っている。2年4カ月ぶりの最長水準だ。株式市場でも20日、外国人が取引場で1443億ウォンの売り越しとなり、KOSPI(韓国総合株価指数)は14.4ポイント(0.71%)値下がりした。この日の終値は2017.24だった。

しかし全体的に市場はウォン安よりウォン高に動くとみている。来年も400億ドル以上の経常黒字が予想される。ウォン高は進んだが、投資と消費は振るわず、来年も輸入はそれほど増えないという見方が強い。原材料価格も反騰の兆しがない。大信証券のチョ・ユンナム・リサーチセンター長は「ドルはユーロの相対的価値によって価格が左右されるが、欧州の景気回復傾向を考えればドル安基調になるだろう」とし「しかも韓国は経常黒字が続くとみられ、ウォン高圧力が強まると予想される」と述べた。

カギはウォン高圧力を政府がどう吸収するかだ。最近の雰囲気では政府が大規模に市場介入するのは容易ではない。米財務省は先月出した為替レート報告書で、「韓国の当局者に持続的に(外国為替市場に介入しないように)圧力を加える」と明らかにした。チョン・ギョンパル為替先物市場分析チーム長は「昨年末から3回、米財務省の為替レート報告書が出ながら、確実にウォン高ペースが速まった」とし「為替レート報告書を見ると、当局がウォン高を防げるとは考えにくい」と評価した。当局が今年までは1ドル=1050ウォンを守るとしても、来年はウォン高が進むと専門家らは見ている。

◆生産停滞する日本型不況を懸念

LG経済研究院は報告書で、ウォン高が続く場合、国内実体経済に及ぼす衝撃が大きいと懸念を表した。ウォン高基調が続いた1980年代後半と2000年代半ばはともにグローバル経済が好況だった。一方、最近は景気回復および貿易拡大ペースが当時に比べてはるかに遅い。今年上半期の韓国企業の平均売上高増加率は0.5%にとどまった。金融危機以降では最低だ。

ウォン高と経常黒字が共存する中、国内製造業の生産も停滞する日本型不況を連想させるという分析もある。LG経済研究院のイ・チャンソン研究員は「大規模な経常黒字が続くかぎり、市場介入は難しいだろう」と述べた。
韓国、経常黒字で「ウォン高」危機(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP