주요 기사 바로가기

【コラム】キムチづくりと心の分かち合い=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.15 14:57
0
ちょっと前までは、今時分になればハクサイをいっぱい載せたトラックが街に入ってきて路地の入り口にハクサイの山が積もったりしていた。キムジャン(キムチ作り)をする日になれば、町内の女たちが囲んで座り一緒に準備をしたヤンニョムを漬け込んだハクサイと混ぜ合わせて男たちがこのキムチを壷に入れて密封した後、かます(わら袋)やわらで包んで地中に埋めた。キムチを食べるときはこうした風景を思い出して、母の真心に感謝するようになった。

経済が成長する中でご飯の代わりにパンを食べ、それによっておかずも変わった。そこへ主婦の社会的活動が活発になりながら、わずらわしいキムジャンを行わない傾向が強くなっている。生活が忙しくなって手軽な食生活を好んでいるが、これによって家族皆が1カ所を囲んで座って仲良く話を交わす食事の機会も減っていて残念だ。

だが、キムチほど私たちの体にぴったり合う良いものがあるだろうか。最近、健康に良い機能性食品材料に対する意識が高まり、加工食品の弊害が広く認識される中で私たちの体に良いスローフード運動も活発に展開されている。わずらわしくて非効率的だが、韓国の食文化の根源を取り戻す意味として見るならば、キムジャンこそ健康な食卓を作るのにおあつらえ向きだ。キムチは体に有用な材料をたくさん使って乳酸発酵を経て作られるので、健康に良い食品だ。キムジャンの風習こそ後世に残さなければならない大切な韓国の文化遺産だ。世界文化遺産登録が確実だとは、うれしいニュースであることに間違いない。

 
キムチ開発の道を歩んできた私は、2012年3月に京畿道富川(キョンギド・プチョン)にキムチテーマパークを開いた。幼い園児から小中高生、一般人はもちろん外国人に至るまで訪ねてくるすべての方に、多様なキムチを直接漬けてみることができる体験の場を提供している。キムチが好きではなかった幼い子供たちも、キムチ作りを体験してキムチの醍醐味を知るようになれば、私たちの伝統食生活を理解して嬉しい気持ちで帰っていく。

最近、キムチ産業の競争力を備えた専門担当者養成のために、大韓民国キムチ協会ではキムチ産業専門リーダー、キムチ教育過程を運営している。産業現場の教授でもある私は、いつも地域の中高校を訪ねて行って過去の困難な環境を克服してキムチ名人になることができた経験を分かち合う農村才能分かち合い講義の活動も地道に行っている。と共にキムチ技能の伝授者が増えるように多くの人々に技術を伝える努力を惜しまない。キムチが好きゆえの仕事だが、キムチ文化が私たちの暮らしの中で生き生きと残っていくように手伝って、キムチ名人として私が持つ才能を分けることが使命だと信じるためだ。

経済が困難だという。周辺に自分よりも大変な生活を送っている人がいないか見渡せば良い。誰にでも1つや2つの才能はあるのだから、少しずつ分かち合ってみれば、困難な経済のシワが少しずつでも早く広がらないだろうか。古くからキムジャンの季節に共に助け合いってきた私たちの生活が分かち合いそのものであり、それが私たちの韓国人の心であったのだから。

キム・スンジャ大韓民国キムチ協会長

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP