주요 기사 바로가기

【コラム】韓日関係、政治に振り回されるべきでない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.13 09:31
0
安倍晋三日本首相がこのように意地を見せているのに、首相の側近という人が「首脳会談ができないのは韓国の国内事情のため」と癪に障るようなことを話す中、両国関係が改善に向かうはずはない。朴槿恵(パク・クネ)大統領が数日前、ベルギーで「首脳会談をして関係が改善されるべきだが、もしそうでなければ関係がさらに悪化するおそれがある」と述べたのも、両国間の強大強気流の一断面だ。

しかし古代から数千年間続いてきた韓日関係は果たして政治・軍事・外交的な側面だけだったのか、こういう時期であるほど考えてみる必要がある。両国間にはハードウェアだけがあったわけではない。長い観点で見ると、ソフトウェアがより大きな役割をした。千玄室氏の先祖が憧れた朝鮮の陶芸技術は韓半島が伝えた数多くのソフトウェアの一つにすぎない。同じように近代・現代の韓国は、一歩先に近代化に成功した日本から新学問と各種新技術を取り入れ、再起の土台とした。強制併合・植民地化という未曾有の事態がこれらすべてのものを覆ってしまい、長い観点と視野を遮る現実が残念だ。

韓日関係は政治・外交がすべてではない。成熟段階に入った経済・文化交流があり、何よりも一般国民間の多様な草の根交流がある。政治が不通だからといって他の分野の豊かで多層的な交流協力にまで支障が生じてはいけない。率直にいうと、最近の両国関係を見ると、「いっそのこともっと悪化して底を打てば」という極端な考えもする。底までいけば過去の歴史・領土など多くの懸案のうち、近い将来に解決が可能なこと、待つべきこと、このまま現状維持すべきことが、さらに浮き彫りになるのではないだろうか。過度に政治に振り回される関係は両国にとって望ましくない。両国関係はいま大きな構造調整期に入っている。それだけに文化交流のような底辺が実力を発揮しなければならない。首脳会談? 考えてみるとそれほど急ぐべきことではない。

ノ・ジェヒョン論説委員・文化専門記者
【コラム】韓日関係、政治に振り回されるべきでない(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP