주요 기사 바로가기

憂慮が現実に…7-9月期の大企業実績は低調=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.25 09:12
0
大韓航空も7-9月期の売上高と営業利益が減少した。特に7-9月期に夏休みと秋夕(チュソク、中秋)連休が含まれていた点を考慮すると、実績不振は尋常でない。貨物・旅客部門ともに振るわなかった。特にこの期間、営業利益(1601億ウォン)は前年同期比43%以上も減少した。売上高(3兆1833億ウォン)も前年同期比3.4%減少した。

旅客部門の場合、韓国発輸送は5%増えたが、日本路線の需要が減るなど海外発の輸送が5%減少し、全体の輸送量が2%減った。貨物部門も世界景気の回復の遅れ、国内生産基地の海外移転などの影響で韓国発の輸送量と積み替え輸送量がそれぞれ9%減、3%減となった。

大韓航空の関係者は「10-12月にはグローバル景気回復とともにA380など次世代航空機の追加投入、新規運航・増便などで実績が転換する見込み」とし「貨物部門でもIT新製品登場と米国・欧州の景気回復による緩やかな成長を予想している」と述べた。

このほか、OCIとS-OILも実績報告書を出した。シリコンメーカーのOCIは23日、7-9月期の連結基準の売上高が7282億ウォン、営業損失570億ウォン、当期純損失635億ウォンという経営実績を発表した。前年同期比で売上高は3.9%減、営業利益は赤字に転じた。

S-OILは24日の公示で、7-9期の暫定営業利益(252億1000万ウォン)が前年同期比95.1%減少したと明らかにした。売上高は4.4%減の8兆1257億ウォン、当期純利益は55.5%減の2030億ウォンだった。会社側は「精製マージンの減少とウォン高が営業利益の減少に影響を及ぼした」と明らかにした。
憂慮が現実に…7-9月期の大企業実績は低調=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP