주요 기사 바로가기

【時視各角】嫌な人とも対話するべき(1)=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.17 09:43
0
当然の主張をしようと思う。韓国・日本の間で対話が必要ということだ。どうなるかは見えていると? その通り、記者としてはタブーだ。しかしこうした批判にもかかわらず書かなければいけないという、いや、書くしかないと痛感させられる現実をより強く意識する。

明仁天皇のことだ。「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに韓国とのゆかりを感じている」。12年前の記者会見での発言だ。実際はその3年前の1998年にも話していた。日本を訪問した金大中(キム・デジュン)大統領に対してだ。天皇は晩餐会で「一時期、我が国が朝鮮半島の人々に大きな苦しみをもたらした時代があった」と述べたのに続き、歓談で「桓武天皇の生母が百済から来た帰化人」と話した。

その翌日には小渕恵三首相が共同宣言で「我が国が過去の一時期、韓国国民に対し植民地支配により多大の損害と苦痛を与えたという歴史的事実を謙虚に受けとめ、これに対し、痛切な反省と心からのお詫びを述べた」と明らかにした。

そのような日があったのかと思うかもしれない。実際にそういう時期があった。韓日関係の専門家が随時深く考えながら当時のように戻ればと思う。良き時代、まさに「ベル・エポック」だった。

国際通貨基金(IMF)危機当時、日本の恐ろしさを味わったのが関係改善要因の一つだろう。しかし「1500年の交流史で(韓日の)仲が悪かったのは、豊臣秀吉当時の7年、明治維新後の40年など50年間ほどだ。この期間のため1500年の良い関係が損なわれるのは恥ずかしいことだ」という金大中元大統領の言葉にも表れているように、外交的な努力も無視するのは難しい。

500年前、ある賢人は「友邦でない君主はあなたが常に中立で残ることを望む半面、友邦の君主は常に武器を持って支援することを願う」と述べた。500年前に限られたことだろうか。今日のジレンマであり未来にもジレンマであるはずだ。間に挟まれた韓国は最も害悪が少ない代案を選ぶしかない。昨日の代案が今日の代案という保障がないため、繰り返し悩まなければならない。この過程で「お互いの違いを表明し、お互い耳を傾けたが、違いを克服するにはまだ不足していることが分かった(ブレント・ スコウクロフト元大統領安保補佐官)という段階は必須不可欠だ。
【時視各角】嫌な人とも対話するべき(2)=韓国


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP