주요 기사 바로가기

失敗とは…韓国では遺書を書く烙印、米国では金になる経験(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.15 11:40
0
◇米国では失敗談共有カンファレンスも開く

失敗が恐ろしいのは韓国でも米国でも全く同じだ。しかし韓国は失敗をすれば遺書でも書かなければならない窮地に追い込まれるが、米国は失敗を公開しこれを通じて成功を語る。毎年10月にサンフランシスコで開かれる「失敗カンファレンス」が代表的だ。文字通りどのように失敗し、失敗で何を学び、どのように再起したかを討論するカンファレンスだ。日本やシンガポール、オーストラリアでもカンファレンスが開かれている。

このカンファレンスを企画したカス・フィリップス氏は米国「アントレプレナー」誌とのインタビューで、「カンファレンス参席者に失敗した経験があるか尋ねれば半分以上が堂々と手を挙げる。演説者も自身の失敗を共有できる機会をもらい感謝すると話す」と明らかにした。

◇連帯保証なくしM&A市場育てなくては

韓国エンジェル投資協会のコ・ヨンハ会長は、「失敗した創業者が再び立ち上がることができ、失敗の経験が創業の基礎になる環境を用意してこそ韓国も創業が活発になることができる」と強調した。

韓国で創業失敗の負担が大きいのは失敗に伴う負担と代価がとても大きいためだ。その中で専門家が最大の問題と指摘するのが連帯保証だ。

ベンチャー企業協会のナム・ミンウ会長は、「誠実な創業失敗者に対しても連帯保証を通じ無差別的に資金を回収するため『事業失敗=人生失敗』という等式が作られた」と話す。ナム会長をはじめとする創業の先輩たちは「こうした構図を崩すためには難しくても創業資金形成を融資ではなく投資中心に切り替えなければならない」と強調する。

このためにはベンチャーに投資し収益を出す金融システムが必要だ。企業の買収合併(M&A)市場を育て、企業公開(IPO)やストックオプションなどに対する規制も緩和するのが先決課題だ。また、技術はあるのに資金がなくてつぶれるいわゆる“デスバレー”を超えられるよう助けなければならない。アイデアを売買する市場を育てなければならないという声も多い。製品でなく知識財産権を取り引きし、資金がなくてつぶれるのを止めようということだ。


失敗とは…韓国では遺書を書く烙印、米国では金になる経験(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP