주요 기사 바로가기

サムスンの販売に影響は少ないが…ソフトウェア特許強化が急務(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.10 10:25
0
腕は内側に曲げる。8日にオバマ米大統領がサムスン電子の「ギャラクシーS」と「ギャラクシーS2」など旧型製品の米国輸入禁止を認めたことに対し業界と海外メディアの一貫した寸評だ。今年8月に「iPhone4S」などアップルの旧型製品がサムスンの標準特許を侵害したという理由で国際貿易委員会(ITC)が米国への輸入禁止措置を下したことに対し25年ぶりに拒否権を行使したオバマ大統領だった。だが、今回のサムスン製品に対しては大多数の予想通り拒否権を行使しなかった。保護貿易議論に油を注ぎ火をつけた格好だ。

ブルームバーグは米コンピュータ通信産業協会(CCIA)のエド・ブラック会長の話として、「アップル製品の輸入禁止に対する拒否権行使は政治的圧力に基づいたもの。今回の決定で外国企業より米国企業を偏愛するという議論を避けることができなくなった」と伝えた。ウォールストリートジャーナルは「米国政府がアップル製品の輸入禁止は前例なしで拒否しサムスン電子製品に対する輸入禁止措置を拒否しないことで両企業の公平な待遇を望むサムスンの要請を受け入れなかった」と報道した。産業通商資源部は9日、「サムスンとアップルが携帯用通信機器分野で世界的に競争している状況で相互の特許侵害問題に対し米国政府がそれぞれ異なる決定を下し遺憾だ」との公式立場を明らかにした。

わずかな反転の可能性を念頭にオバマ大統領の決定を待ったサムスン電子は、「来るものが来た」という雰囲気だ。ギャラクシーS3以後の新製品は侵害特許を避けられるよう設計されており、サムスン製品の販売には影響がない見通しだ。だが、今後の新製品販売に及ぼす影響を綿密に分析している。サムスン電子関係者は、「控訴を含めあらゆる措置を検討している」と明らかにした。サムスンがITCの輸入禁止決定に対し連邦控訴裁判所に控訴する場合には判決が下されるまで輸入禁止の執行が猶予される。

サムスンは今後アップルとの訴訟戦略を標準特許中心から商用特許にシフトする方針だ。すでにサムスン電子は7月に連邦控訴裁判所に対しITC判定で認められなかった標準特許1件と商用特許2件の特許3件に対し再審を請求した状態だ。商用特許の比率が高いというのが注目すべき部分だ。ナム&ナム特許法律事務所のイ・ジョンスン弁理士は、「商用特許でアップルを圧迫しながら標準特許に対する実利を得る“ツートラック戦略”を展開しなければならない。サムスンとアップルが互いに最大限有利な条件でクロスライセンス契約を結ぶ方式で決着される見通しだ」と話した。米政府も8月に輸入禁止拒否権を行使しながら「標準特許を侵害したという理由で輸入を禁止するのは行き過ぎ。FRAND原則により裁判所で補償を受ければ良い問題だ」と明らかにしたことがある。


サムスンの販売に影響は少좂いが…ソフトウェア特許強化が急務(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP