주요 기사 바로가기

東レ、熊津ケミカル買収優先交渉対象者に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.28 12:50
0
東レ先端素材が27日、熊津ケミカルの買収優先交渉対象者に選ばれた。法定管理(会社更生法に相当)を受けている熊津ホールディングスはこのように決め、この日、ソウル中央地裁に承認を要請した。裁判所の承認と調査、本契約などの手続きが終われば、東レが熊津ケミカルを引き受けることになる。

今回売却される熊津ケミカルの株式は56.2%。このうち熊津ホールディングスの持ち株が46.3%で、残りは尹錫金(ユン・ソクグム)熊津グループ会長一家が持つ。入札には4社が参加し、東レが最も高い入札価格(約400億円)を提示した。

熊津ホールディングス側は「売却資金で債務を返済しなければならないため、入札価格と引受企業の財務能力を考慮し、優先交渉対象者を選定した」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP