주요 기사 바로가기

宮崎駿監督が引退「1つのジャンル50年もやって、終わらせる時に」(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.09.09 15:40
0
日本アニメの巨匠、宮崎駿監督(72)が引退するというニュースは、十分にメガトン級の爆弾だった。日本ではないイタリアのヴェネツィア国際映画祭の記者会見場で、それも宮崎本人ではない彼が所属する制作会社「スタジオジブリ」の社長の口から引退という言葉が出てくるやいなや、日本列島に衝撃が走った。

ニュースが伝えられた1日の夜からほとんどすべての放送局がトップニュースで取り扱い、新聞も1面で大きく扱った。日本が世界に自慢できる人物の1人である宮崎監督はなぜ今、退こうとするのだろうか。

引退の一報が出てから5日後の6日、宮崎監督が用意した記者会見場には13カ国から600人以上の記者たちが集まった。投げかけられた質問だけで30余り。1時間半の記者会見は、まるで宮崎人生の縮小版のようだった。笑いと真剣さ、そして一般の人たちが決して見過ごせず、共有するほかのない哲学と世界観がそこにはあった。

彼は最初に自身の引退理由を説明していった。まず“体力的限界”を率直に認めた。

「アニメーションは監督ごとに仕事をするスタイルが違う。ところで私は、監督というよりはアニメーターだ。(直接)描かなければ表現できない。いくら節制しても集中できる時間は年を取るほど減っている。『崖の上のポニョ』(2008)に比べると(作業して)机から離れるのが30分ほど早くなった。加齢で発生する問題は(人の力では)どうしようもない。だが私は私のスタイルを貫くしかない。それで、これ以上長編アニメーションは無理だという最終判断をした」。

宮崎が机に座ってメガネをはずして絵を描くのに没頭する時間は一日7時間。50年間積み重ねてきた名声を後輩に絵を任せるという形で延命するというのは、自尊心が許さなかったということだ。

◆「この世は生きるに値するのだと伝え続ける」

次の作品をする場合、いつ頃完成されるのかも確かめてみたという。「今回の『風立ちぬ』は前の作品(『崖の上のポニョ』)が出てから5年かかった。これからは、これが6-7年に伸びるはずで、3カ月後に満73歳になる私が80歳になるということだ。そうするには色々な面で迷惑だ」。

アニメーション評論家である藤津亮太氏は「宮崎監督のスタイルは企画と絵コンテだけでなく、各カットの原画にまで全て直接関与することで評判になっている」と話した。その上宮崎は、最近激しい肩こりと集中力の衰えを訴えてきたという。

だが、引退を決心した背景は健康問題だけではないようだ。宮崎本人の本当の“胸の内”を推し測るためには宮崎が尊敬する作家・半藤一利氏(83)の説明を聞いてみる必要がある。2人は最近、対談集を出版するなど格別な間柄だ。

半藤氏が宮崎の引退背景として選ぶのは驚くべきことに“アニメーション50年時効”論。宮崎が半藤に打ち明けた苦悩は次のとおりだ。

「ある先輩から『1つのジャンルが隆盛した後、終末を迎えるまでの時間は大体50年だ』という話を聞いたことがある。日本では手塚治虫監督が“鉄腕アトム”を始めたのが1963年で、アニメーションももうすぐ終わるという話を聞いた。率直に私も『50年もやったら、もう終わらせる時になった』という考えになった」。

(中央SUNDAY第339号)
宮崎駿監督が引退「1つのジャンル50年もやって、終わらせる時に」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    宮崎駿監督が引退「1つのジャンル50年もやって、終わらせる時に」(1)

    2013.09.09 15:40
    뉴스 메뉴 보기
    電撃引退を発表した日本アニメの巨匠、宮崎駿氏。
    TOP