주요 기사 바로가기

違法売春温床のネイバーカフェ…「摘発4年間で10倍」=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.29 09:36
0
5月中旬、普段から肩の痛みに苦しんでいた会社員カン某さん(31)はマッサージ業者を検索するためにネイバーに接続した。検索の窓に“健全マッサージ”と入力するとすぐに数千件の関連情報があらわれた。健全マッサージというのは健康管理業者で、売春や類似性行為をする違法マッサージ施設とは関係がない。しかしネイバーで“健全マッサージ”を検索したカンさんは、おかしな掲示文などを発見した。Kカフェに会員加入後、業者情報を調べると“ハンドプレー”“前立腺マッサージ”などの類似性行為を意味する文面が入っていたのだ。女性マッサージ師の裸の写真、身長・体重・胸のサイズなどを共に掲載した文も多かった。

健全マッサージ業者情報を交換するインターネットカフェが、事実上売春や類似性行為をあっ旋しているということだった。Kカフェに広告文を掲載したマッサージ業者だけで100余りに達した。このカフェは非公開に変わり2カ月が過ぎた今も依然として運営中だ。カン氏は「堂々と違法売春と類似性行為をあっ旋しているカフェを、ただちに閉めない理由が分からない」と話した。

ネイバーカフェが違法売春・類似性行為業者のあっ旋の場に活用されている。一部のカフェ運営者は“恐竜ポータルサイト”ネイバーの影響力を利用して、違法売春業者を広告に出してお金を儲けている。“健全マッサージ”などの合法的業者に偽装したり“キス部屋”など取り締まりがあいまいな有害業者カフェを紹介して類似性行為や売春をあっ旋する形だ。実際、放送通信審議委員会がネイバー・ダウムなどのポータルサイトで売春・わいせつ物情報カフェを摘発したケースは2009年に80件だったものが2013年上半期だけで1113件に急増した。放通審委の関係者は「19歳以上だけが加入可能な青少年有害媒体カフェが許容されたネイバーが、ダウムに比べて3倍以上の売春・ポルノカフェが多いと把握されている」として「ネイバーで摘発された違法カフェの件数だけで過去4年間で約10倍以上増えた”と話した。

ネイバーで、“健全マッサージ”“キス部屋”などで検索すれば28日現在80余りのカフェが出てくる。しかし会員同士で秘密裏に情報を共有する非公開カフェを含めればその数は100を超える。特に非公開カフェでは売春や類似性行為をあっ旋する広告文が数百件ずつ上がってくる。

中央日報取材陣は、顧客を装ってこれらのカフェに紹介されたマッサージ業者20カ所余りに電話をかけたりインターネットメッセージを送ったりした。業者は最初は「合法的なマッサージ業者」と主張した。しかしその後、各種サービスを案内して類似性行為が可能だと広報した。4つの業者では「マッサージ師に金額をより多く出せば恋愛(売春)も可能だ」と話した。
違法売春温床のネイバーカフェ…「摘発4年間で10箔」=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    違法売春温床のネイバーカフェ…「摘発4年間で10倍」=韓国(1)

    2013.07.29 09:36
    뉴스 메뉴 보기
    韓国大手ポータルサイト「ネイバー」の広告バナー。
    TOP