주요 기사 바로가기

韓国与党が叱咤「経済が悪化しているのに経済副首相は安易だ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.18 10:23
0
最近与党セヌリ党で経済状況を懸念する声が大きい。玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相を直接狙った発言も増加している。17日に開かれた最高・重鎮連席会議で鄭夢準(チョン・モンジュン)議員は、「先進国は経済がさらに厳しくなるという危機感から福祉政策と公共部門を改革して国の負債を減らし企業規制を緩和している。韓国はこのような流れと正反対に向かっている」と話した。「他の国々が経済危機という波を防ぐために防波堤を積んでいるなら、韓国は自ら防御の壁を崩している」ということだ。

続いて発言した金武星(キム・ムソン)議員は、「現在の経済チームに経済状況を解決するリーダーシップは見られないと言われている」と話した。玄副首相を狙った発言だ。彼は6月の輸出増加率マイナス0.9%、4月までの税収欠損8兆7000億ウォンなどの数値を羅列した。それとともに「経済民主化、地下経済陽性化、全般的な税務調査強化などが問題で、大型食堂には(国税庁職員の)立ち会い調査までくるという。大統領は投資する人を背負って行くと話した、このような状況で背負われる人がいるだろうか」とも話した。金議員は本紙との通話で、「国会は政争を中断し経済再生に集中しなければならないという趣旨で話したこと」としながらも、「経済チームのトップである副首相があちこちを回って国民に訴えるリーダーシップがなければならないのにそうしたものは見られない」と指摘した。

◇法人税収入、昨年より5兆ウォン減る

実際の指標を見れば経済状況は明るくは見えない。税収だけ見てもそうだ。政府は今年5月までに82兆1262億ウォンの税金を徴収した。前年同期の91兆1345億ウォンより9兆ウォン以上の減収だ。特に法人税収入は19兆9378億ウォンにとどまり、24兆2819億ウォンを記録した昨年より5兆ウォンほど減った。企業の経済活動が鈍化したものと解釈される部分だ。このような厳しい状況であるのに、「経済チームのトップである玄副首相の存在感を感じられない」というのがセヌリ党の認識だ。このような共感が「政府が韓国経済の現実をとても安易に見ていないかという懸念が出てくる」という崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)院内代表の9日の発言後に急速に広がっている。崔院内代表に最近の事情を尋ねた。

◇「アジェンダのセッティングできずもどかしさ爆発」

――党で玄副首相のリーダーシップを指摘する話が出続けている。

「玄副首相に辞任しろという話ではない。朴槿恵(パク・クネ)政権が発足し経済副首相という重大なポストを作ったので新政権の経済ビジョンを提示し、野党と国民も説得するなど果敢にアジェンダをセッティングしろということだ」

――そうした指摘は何回も出ている。変わったのか。

「最近(経済副首相が経済懸案を調整した)緑室会議も復活するなど自ら動こうとしているようだ。しかしイージーゴーイング(簡単に行く)しては突破しにくい。結局2種類だ。経済副首相を新設したのに相当する役割をするようにとの注文であり、リーダーシップとビジョンを提示できないことに対する与党のもどかしさが爆発したものだ」

党内では10月の再補選と来年の地方選挙を控え経済成果を出し政権与党の存在感を拡大し有権者から認められなければならないという要求が激しい。したがって成果を出すためには玄副首相が積極性を見せなければならないという注文だ。経済分野を担当する党政策委員会のナ・ソンリン第3政調委員長は、「経済再生に必須の外国人投資促進法やサービス産業発展法などが野党の反対により国会で係留されている。このような状況でもう少し所信を持って野党を説得するなど積極的に経済官庁を総括する副首相の姿を望むもの」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党が叱咤「経済が悪化しているのに経済副首相は安易だ」

    2013.07.18 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    左から韓国セヌリ党の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)院内代表、金武星(キム・ムソン)議員、鄭夢準(チョン・モンジュン)議員と玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相。
    TOP