주요 기사 바로가기

上体360度回転させて始球式、世界を驚かせた韓国の元女性体操選手(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.10 17:37
0
シン・スジはソン・ヨンジェ(19、延世大)が登場する前、韓国新体操をリードした。韓国選手では初めて北京五輪に自力で進出し、12位に入った。後輩ソン・ヨンジェの活躍も、韓国新体操を知らせたシン・スジがいたからこそ可能だった。

10歳代で一人でロシアに渡ったシン・スジは、慣れない場所で過酷な練習を乗り越えてきた。シン・スジは「ロシアの選手は東洋人と距離を置く感じだった。最初は選手たちが私と同じ部屋を使うのを避けるので、毎日、違う部屋を転々とした」と語った。

シン・スジは昨年、21歳の年齢で引退した。足首の靭帯を痛めたまま参加した2010広州アジア競技大会の後、手術を受け、長いリハビリを臨んだが、結局、引退を決めた。シン・スジは「手術を受ける時、『いつまでも選手を続けることはできない。終わりが近づいている』と直感した。どうせ長くできないのなら、一日も早く他の道を切り開くのがよいと思った」と当時を振り返った。

今年、世宗大大学院に入学したシン・スジは体育学科の教授が夢だ。国家代表選手を育てたいという思いもあり、専攻も「トレーニング方法論」を選択する計画だ。さらに、さまざまな活動によって自分の可能性を試している。MBC(文化放送)芸能番組ハッピータイムで司会を務めるシン・スジは新体操の解説にも挑戦した。

「他の人たちが社会に足を踏み出そうとした時、私は引退した。最初はどうすればよいのか分からなかったが、今はさまざまな経験ができることに満足している。新体操を通じて自分を知らせることができたし、第1人者にもなることができた」。

シン・スジは韓国新体操の先駆者としての自負心を抱いている。「私の前に一人いれば、もう少し楽に歩めたと思う。しかし最初ということに意味を感じている。韓国新体操を引っ張ったというプライド、そのプライドが自分を支える力になっている」。
上体360度回転させて始球式、世界を驚かせた韓国の元女性体操選手(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    上体360度回転させて始球式、世界を驚かせた韓国の元女性体操選手(2)

    2013.07.10 17:37
    뉴스 메뉴 보기
    シン・スジは「体操選手に対する観客の期待に応えたかった」とし、“アクロバティック”始球式をした理由を説明した。
    TOP