주요 기사 바로가기

<五輪>新体操のソン・ヨンジェ、韓国を超えアジアのスターに

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.08.12 11:44
0
新体操のソン・ヨンジェ(18)が韓国を超えアジアのスターになった。

ソン・ヨンジェは11日に行われたロンドン五輪新体操個人総合決勝で4種目合計111.475点で最終5位となった。クラブ(26.750)でミスがあったが、フープ(28.050点)、ボール(28.325点)、リボン(28.350点)では完ぺきな演技で28点台の点数を取った。銅メダルを取ったリホフ・チャルカシナ(ベラルーシ、11.700点)とも総合点で0.225点しか差がなかった。

ソン・ヨンジェは韓国新体操史上で初めて決勝の舞台を踏んだ。これまでの最高成績はシン・スジが2008の北京五輪で収めた個人総合12位だった。決勝進出自体が歴史だったが、ソン・ヨンジェは総合5位という期待以上の成績で世界最高の選手らと肩を並べた。

ソン・ヨンジェは韓国だけでなくアジアの新体操の希望だ。11日の決勝に上がった選手のうちアジア人はソン・ヨンジェが唯一だった。2010広州アジア大会金メダリストのアンナ・アリャビエワ(カザフスタン)と銀メダルのウリヤナ・トロフィモワ(ウズベキスタン)もそれぞれ予選15位と20位で脱落した。ソン・ヨンジェのライバルとされる中国のトウ森悦も11位に終わり、上位10位までが進出できる決勝には上がれなかった。

新体操ではロシアなどロシアが超強豪だ。正式種目に採択された1984年のロサンゼルス大会から2008年の北京大会まで7大会で6回の個人総合金メダルを東欧諸国が独占した。今回のロンドン大会でも同じだった。新体操史上で初めて五輪2連覇を達成したエフゲニア・カナエワ(ロシア)と2位のダリア・ドミトリエワ、3位のリホフ・チャルカシナも東欧出身だ。

ここに東洋から来たソン・ヨンジェが波乱を起こした。ウクライナ、ブルガリアなど伝統的な新体操大国の選手を抜き世界5位となった。世界の新体操界は新しいスターの誕生を喜んだ。新体操の競技が行われたロンドンのウェンブリーアリーナでソン・ヨンジェは金メダリストのカナエワに劣らない拍手と歓呼を浴びた。現地にいるMBCのチャ・サンウン解説委員は「ここにいるすべての人たちがソン・ヨンジェの演技を関心を持って見守っている」と伝え、五輪主幹放送局のBBCはソン・ヨンジェが延期する間「美しい」「驚くべき」と感嘆していた。

似た地域の出身選手同士、似た振りつけとプログラムで「彼女たちだけのリーグ」が形成された新体操でソン・ヨンジェは活力素になっている。ソン・ヨンジェのエージェントを務めるIBスポーツのムン・テフン代理は、「ワールドカップに出ればソン・ヨンジェの演技に対して欧州の選手たちから『格別だ』という言葉を多く聞く」と伝えた。ソン・ヨンジェは扇子を形象化したリボンでの初めての動作のように西洋で胎動した新体操に東洋的なカラーを帯びさせた。

メダルは逃したが、ソン・ヨンジェはウェンブリーアリーナで誰よりも輝いた。ロンドン五輪後のソン・ヨンジェの歩みに世界の新体操界が関心を見せている理由だ。18歳のソン・ヨンジェの全盛期はまだ来ていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <五輪>新体操のソン・ヨンジェ、韓国を超えアジアのスターに

    2012.08.12 11:44
    뉴스 메뉴 보기
    韓国を超えアジアのスターとして浮上する新体操のソン・ヨンジェ。
    TOP