주요 기사 바로가기

<アシアナ機着陸失敗>死亡者2人は中国人か、機体後部に中国人団体客搭乗

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.07 10:53
0
乗員乗客300人余りを乗せたアシアナ航空の旅客機が6日、サンフランシスコ空港への着陸に失敗する事故を起こし、少なくとも2人が死亡し180人余りが負傷した。

米国家運輸安全委員会が6日(現地時間)に明らかにしたところによると、中国・上海を出発し仁川(インチョン)空港を経由したアシアナ航空214便ボーイングB777-200ER型機は6日午前11時30分ごろにサンフランシスコ国際空港の滑走路への着陸中にバランスを崩して滑走路と接触し炎上したと明らかにした。

事故機には乗務員16人と乗客291人が乗っており、そのうち中国人が141人で最も多かった。韓国人が77人、米国人(韓国人市民権者含む)が61人、日本人が1人乗っていたとみられる。

この事故で身元が確認されていない2人が死亡したほか、重傷49人、軽傷132人の181人が負傷し近くの病院に運ばれた。123人は安全な場所に移送された。負傷者のうち子ども2人を含む10人は重篤な状態という。一部の現地メディアは彼らすべてが韓国語を話すと報道している。

6日午後6時現在、搭乗者のうち1人についてはまだ安否が確認されていない。

仁川空港関係者は事故による死亡者2人は中国人と推定されると明らかにした。これに先立ちNBCなど米国メディアは現地検視官の話として、死亡者2人は女性で、現在身元確認を進めていると明らかにした。

また、最初に滑走路に接触した機体後部には上海で搭乗した中国人団体観光客が主に乗っていたことがわかった。

一方、捜査当局によると事故現場に米連邦捜査局(FBI)と航空専門家を派遣して正確な事故原因を調べている。今回の事故はテロとは関係ないと明らかになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アシアナ機着陸失敗>死亡者2人は中国人か、機体後部に中国人団体客搭乗

    2013.07.07 10:53
    뉴스 메뉴 보기
    黒煙を上げて炎上するアシアナ航空機。
    TOP