주요 기사 바로가기

宮崎アニメはどのように誕生したか…ジブリ・レイアウト初めての海外展はソウルで(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.27 13:40
0
航空機部品会社を経営する一族の息子として生まれた宮崎氏は、皇族が通う学校で知られる学習院大学を卒業したエリートで、戦争の話に心酔していた兄の影響を受けて戦闘場面や飛行機に特別な愛情を見せていた。監督のデビュー作『未来少年コナン』(1978)によく表れていた反戦反核の平和メッセージを固守する中で、“戦前の平和だった時期”への漠然としたノスタルジー(郷愁)を表出してきた彼の独特な感受性は、実は戦争の残酷さを直接体験しなかった世代だったから可能だった。

宮崎監督の代表作をディズニーアニメーションと比較してみれば答えが出てくる。平和と反戦の共同体的価値を前面に出す彼は、西欧の風景画の遠近法的視点を日本式に折衝する問題(和洋折衷)と、ずっと戦っている。それはロマン主義絵画と印象派の色彩にコンプレックスをむき出しているディズニーのアニメーションとはレベルの異なるこだわりだ。

童話的なアイテムとして前置きされた類似の西洋風のフェティッシュ(fetish・呪物)や和洋折衷のこだわりなどはビッグテーマには格上げされないものの、非常に特徴的な小道具・場面要素であれば、本当のビッグテーマは洋式遠近法を跳び越えた空間の具現化の執着にある。

宮崎監督のレイアウトには、日本の初期西洋画である秋田蘭画や江戸洋風画の特徴が発見できる。すなわち遠近法的の特徴が目立つ空間を先に設定し、近景に細かく表現した日本的な器物や人物を配置して空間感を最大化する特徴だ。

動的空間を演出する特有の方法を通じて、スタジオジブリは洋式遠近法の体系を超克した。だからこそ彼らは偉大なのだ。展示は9月22日まで。大人1万5000ウォン(約1280円)、青少年1万2000ウォン。電話070-4246-3600。


宮崎アニメはどのように誕生したか…ジブリ・レイアウト初めての海外展はソウルで(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP