주요 기사 바로가기

韓国ブランド、「模倣した」と提訴されていた海外ブランドに勝訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.15 09:06
0
韓国ブランドが、自分たちのデザインを模倣したとして海外ブランドを相手に起こした訴訟で勝った。コーロンインダストリーFnC部門のハンドバッグブランド「COURONNE」は14日、フランスのブランド「ピエール・カルダン」を相手にした“ステファニーバッグ仮処分訴訟”で最近勝訴したと明らかにした。

COURONNE側によれば、水原(スウォン)地方裁判所は先月29日の判決文で「COURONNEのカバンは通常的に持つ形態以外にも独特の形態を帯びているが、COURONNEのカバンとピエール・カルダンのカバンは全体的な形、細かいディテールが同一または似ている」と明らかにした。また「すでにCOURONNEのカバンが旋風的な人気を呼んだ後にピエール・カルダンのカバンが販売され始めたので、ピエール・カルダンのカバンがCOURONNEのステファニーバッグの形態に基づいて製造・販売しているという“根拠性”が認められる」と付け加えた。

これまでは主に海外名品ブランドが自分たちのデザインを模倣したとして韓国業者を相手に訴訟を起こしてきた。また、商標法違反でなく、不正競争防止法のデザイン侵害禁止規定に基づいてデザインを模倣した事実が認められたこともやはり今回が初めてだ。訴訟を代理した法務法人「広場(LEE&KO)」のイ・ジョンソク弁護士は「相対的に期間が長くかかる商標法違反訴訟の代わりに、不正競争防止法に基づいたデザイン保護が可能になり、特別な罪の意識もなくヒット製品を模倣する事例に対する訴訟が急増するだろう」と見通した。

COURONNEは、昨年11月に発売された“ピエール・カルダンV4V”ハンドバッグ製品がCOURONNEの“ステファニー”製品を模倣したと判断して該当会社に該当製品の販売を直ちに中止するよう要求した。だが、相手側がこれを認めないため、1月に水原地方裁判所に「不正競争防止および営業秘密保護に関する法律を違反した」として販売禁止の仮処分を求める訴訟を提起していた。

ピエール・カルダンは、(株)ジュヨンがフランス本社とカバン・皮革製品についての韓国内ライセンス契約を締結して製造・販売してきた。COURONNEは韓国内の自社ブランドハンドバッグとして昨年は前年よりも売り上げが250%も増えるほど人気を呼んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ブランド、「模倣した」と提訴されていた海外ブランドに勝訴

    2013.05.15 09:06
    뉴스 메뉴 보기
    COURONNEのステファニーバッグ。
    TOP