주요 기사 바로가기

米連邦地裁「サムスンはアップルのデザイン模倣…10億ドル賠償を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.25 11:55
0
アップルが‘ホーム’の米国でサムスンとの特許訴訟に完勝した。

24日(現地時間)の米カリフォルニア州の連邦地裁で、9人の陪審員団は全員一致で、サムスンが10億5000万ドル(約1兆2000億ウォン)の賠償金を支払うことを要求し、ルーシー・コ判事はこうした内容を発表した。米陪審員団はサムスンが提示した通信特許は認めず、アップルが要求したデザイン特許侵害は相当部門を認めた。

サムスンはアップルのバウンスバック特許を侵害し、一部の製品がスクロールとマルチタッチズームとナビゲート特許を侵害したという説明だ。画面を最後まで下ろすと跳ね上がって最後であることを知らせる技術をはじめ、手で写真をめくったり、2本の指で画面を拡大・縮小する機能を、すべてサムスンが模倣したということだ。また、サムスンのスマートフォンとタブレットPCの一部の製品は、黒の前面部とベゼル、アイコンなどのデザインも侵害したと判断した。「ギャラクシータブ10.1」はデザイン特許侵害と無関係という判断が出た。

これに先立ち23日、韓国の裁判所はサムスンの通信技術特許部門を一部認め、アップルのデザイン特許を認めない内容の判決を出した。韓国と米国の裁判所が完全に相反する結果を出した中、今後、英国・日本・ドイツなど世界で行われている特許訴訟の結果に関心が集まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP