주요 기사 바로가기

「韓国の潜在成長率低下、日本よりはやく」

ⓒ 中央日報日本語版2013.05.07 10:28
0
2010年代に入ってからの高齢化や青年失業のような労働悪材料が、韓国の潜在成長率を下げ始め、その速度は過去の“失われた20年”に突入した日本を跳びこえると分析された。

LG経済研究院のイ・グンテ首席研究委員は6日『日本型低成長に陥らないようにするなら』という報告書で「生産可能人口の減少と勤労時間縮小により、韓国は今後の成長において労働の寄与度が急速に落ちる見通し」としながらこのように明らかにした。

特にイ研究委員は「経済活動をあきらめる青年が増えるなど、韓国も人的資本が毀損する現象があらわれている」と憂慮し、このため、青年雇用に対して税金控除を提供して短期勤労者・非正規職を減らさなければなければならないと提言した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP