주요 기사 바로가기

フィリピン女性の美の基準、「韓国式に変化」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.01 13:17
0
--フィリピンの韓流はどの程度か。

「5年前にドラマ『大長今(テジャングム、日本タイトル・宮廷女官チャングムの誓い)』がフィリピンで40%の視聴率を記録した後、韓国ドラマが相次いでヒットしている。K-POPの人気は、フィリピンの美の基準まで変えた。10年前までフィリピンの人々は鼻筋が通っていて目が大きくて顔が白い西欧型美人を好んだ。ところがK-POP熱風後は、韓国の美がもっと強い勢いになっている。髪の毛を黒色に染めるのも流行している」

--外国人として放送界で活動をするのは大変ではないか。

「私は韓国人であることが誇らしい。個人的にもよく韓国に来る。そのたびにフィリピンではなかなか食べられないテジコプチャン・サンナクチを必ず食べる。韓国の人と結婚しなくても、子供たちは韓国式で育てたい」

--韓国では“フィリピンのアキノ大統領の恋人”として良く知られている。

「私に関する韓国の記事を興味深く読んだ。率直に驚いた。このことが韓国でも話題になるとは思わなかった。私が韓国人だから、実家の母親と同じような気持ちで関心を持つのだろうと思う」。

グレース・リーは、韓国に滞在した間、自身のSNSにリアルタイムで韓国体験記を自慢したと耳打ちした。彼女のツイッター(@graceleemanila)のフォロワーは15万人に達する。彼女は「昨年フィリピンを訪れた韓国人の数は100万人にもなったが、韓国を訪れたフィリピンの人は33万人に終わった」として「今後より多くのフィリピンの人が“私たちの国”に来てくれるとうれしい」と話した。
フィリピン女性のﲔの基準、「韓国式に変化」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP