주요 기사 바로가기

【コラム】韓国人の沸き立つ野望、ふさがれた出口(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.09 14:02
0
経済ラインはどうか。玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相、趙源東(チョ・ウォンドン)経済首席、尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官はすべて官僚出身だ。官僚とはいえ創意性と距離が遠いものではないが、やはり経済的な巡航と事態の収拾の方に精通している。趙源東首席は前政権と一線を画するため、すでに成長率を下方修正した。予想される成長沈滞の責任を避けようとする官僚的な措置であった。では、中身のないその素敵な概念だけで執権に成功したということか。「沸き立つ野望」を果たして増幅させることができるのか、それとも冷え込ませるのか。

見兼ねて大統領が出てきた。「科学技術とICT融合を通じて産業と産業、産業と文化が融合し、付加価値・成長動力・雇用を生産する」と一喝した。勇気を得た参謀陣はU-ヘルス歩数計、塩分測定箸、K-POP韓流遠征隊を例に挙げた。融合はそれだけではない。科学技術とバイオが結合したバイオX、ソフトウェアベンチャーなど「元祖創意産業」などのリストは限りなく長い。すべてよいが、狙う目標は何であり、誰がどのように推進するかがもっと重要だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は5月末までに青写真を出すと伝えた。やはり概念だけあったということだ。

創造経済には2つの先行条件が満たされなければならない。ドミニク・バートン会長もこの点を強調した。創造生態系が作られているか。韓国人の優秀な頭脳で生産された創意的アイデアと革新的提案が日々発育するのか、それとも捨てられる環境かを点検しなければならない。もう一つは教育。大学進学率と学業への情熱が世界最高の国家で「才能」に目をつけたのは的確だが、「どのように」が気になる。とにかく、どうせ待たされてきたものだから、数カ月の時間はある。したがって経済部・未来部・教育部合同の連続セミナーを開き、夜通しの討論をしてそれなりの総合設計図を見せてほしい。沸き立つ野望を冷却させる人は政治家の用語で「歴史の罪人」だ。

ソン・ホグン ソウル大教授・社会学
【コラム】韓国人の沸き立つ野望、ふさがれた出口(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP