주요 기사 바로가기

米国の若年層が好む自動車、日本産から韓国産へ

ⓒ 中央日報日本語版2013.03.25 15:40
0
米国の若者たちが好む自動車ブランドが、この数年間で日本産から韓国産と米国産に変わったことが明らかになった。

24日(米国時間)、ワシントンポスト(WP)によれば米国の自動車専門市場調査業者「エドモンズ」の調査結果で、2008年に24~34歳の若年層の50.6%がトヨタやホンダなど日本ブランドを選択したが、昨年はこの比率が42.9%と低くなった。

その一方で韓国の現代(ヒョンデ)・起亜(キア)車の青年層の占有率は2008年の5%から10%と2倍に増加し、クライスラーフォード、ゼネラルモータース(GM)など米国“ビッグ3”自動車の市場占有率も同じ期間で35.4%からから36.8%へと小幅上昇した。

 
WPは「若い消費者が日本自動車に背を向けて、デトロイト(米国)と韓国を眺めている」とし「この4年間の市場占有率の側面では、最大勝者は韓国自動車メーカーなどだ」と言及した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP