주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の50代、彼らが歌う悲しい歌(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.14 10:24
0
ベビーブーマー“末っ子”に当たる1963年生まれが今年で50代を迎える。1955~1963年生まれの人口集団を俗に“ベビーブーム世代”と呼んだことから、韓国の50代はベビーブーマー一色ということになる。ベビーブーマーの715万人、彼らこそがまさしく今回の大統領選挙で3%勝利を導いた作戦勢力(注)だ。株式市場における作戦勢力なら封じ込めなければならないところだが、大統領選挙における作戦勢力は執権党としてはありがたいことこの上ない心強い後援者だ。このため政権を覆したくて暗たんとしていた青壮年世代の視線が美しいはずがない。韓国の富と権威をすべて手中に収め、ソウル江南(カンナム)の高層アパートから江北(カンプク)の貧困層地域を見下ろしつつ、若者層をスペック(学歴・資格)戦争に追いやる彼らの高らかな勝ち戦の前に「痛いから青春なのだ」と叫んでみたところで、なんの反響もないことをひしひしと感じる今日この頃だ。

いいや、違う。3%勝利を作り出した作戦勢力は“50代保守の頭”全体ではなく、ベビーブーマー中下層に布陣した500万人だ。彼らは勝者ではなく敗者、非常に壮絶なルーザーたちだ。すでに退職しているか借金だらけのルーザー、加えて老両親・子女扶養という荷物をいっぱいに抱えている平凡な家長たちだ。不透明な未来、貧しい現実が与える不安心理が急進変革より漸進改革を選ばせたものの、その背景には朴正煕(パク・チョンヒ)時代に対する漠然とした懐かしさがある。勉強できなくても雇用がそこかしこにあったというその時代のぼんやりした記憶のことだ。

ベビーブーマー中下層の500万人のうち、300万人は零細自営業者で、200万人は退職・失職・無職者だ。彼らがどんな人々なのかって?近所の小さな雑貨屋ではよく出会うし、平日に山へ行けば必ず出会う。50代の彼らが山に向かう理由は山ほどある。韓国の登山装備メーカーが数年の間に世界的な競争力を誇るようになったわびしい理由でもある。

この悲しいルーザーたちが“漢江の奇跡”を成し遂げた一等功臣だったことを誰が認めるだろうか。認めたところでなんの役に立つだろう。彼らが70~80年代に産業公団を埋め尽くした工夫・工女の元祖だった。月給5万ウォンではあったが、休日にはパンタロンズボンに磨いた白靴を履き、ディスコに出入りして米国製のMJBコーヒーをおいしく淹れて運んでくれる女給と町工場の小さな社長に憧れた。地下喫茶店には将来の希望が社長という数多くの人々がひしめいていた。たまに産業公団の不純分子を探し出そうとする情報部員も混じっていた。リップスティックを濃く塗った看板マダムが「キム社長、電話よ!」と叫ぶと、少なくとも十人は振り返った時代だった。

注…株式において、人為的に株を上げ下げしたり、株価操作をする人々のこと。
【コラム】韓国の50代、彼らが歌う悲しい歌(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP