주요 기사 바로가기

韓国国籍を放棄したミシェル・ウィー、米国での活動制約が理由?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.28 13:11
0
在米同胞ゴルファーのミシェル・ウィー(24、韓国名ウィ・ソンミ)が韓国国籍を放棄した。

行政安全部は26日の官報で、ミシェル・ウィーが法務部長官の許可を受け、21日に韓国国籍を離脱したと告示した。離脱の理由は「外国国籍選択」だ。

韓国国籍法には「満20歳になる前に多重国籍者になった者は、満22歳になるまでに一つの国籍を選択しなければならない」と明示されている。多重国籍者だったミシェル・ウィーは1989年10月11日、米ハワイで生まれ、昨年10月に満23歳になり、すでに22歳を超えた。

ミシェル・ウィーが国籍法のために韓国国籍を放棄したとは考えにくい。成均館大法学専門大学院のソン・ジェホ教授は「ミシェル・ウィーは米国で主に活動しているので、多重国籍による制約をなくすためにこうした決定をしたと考えられる」と説明した。

インターネット上ではさまざまな反応がみられる。ミシェル・ウィーの選択に対する非難もあり、いかなる問題もないというコメントも多い。「プロゴルファーとしてより良い条件を選択したにすぎない」「韓国社会の指導層の子どもも韓国国籍が50%にならないのに、何が問題なのか」など、共感を示す意見が多かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国国籍を放棄したミシェル・ウィー、米国での活動制約が理由?

    2013.02.28 13:11
    뉴스 메뉴 보기
    ミシェル・ウィー(24、韓国名ウィ・ソンミ)
    TOP