주요 기사 바로가기

「竹島の日」出席の日本政務官「韓国がどうこう言うことではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.23 10:39
0
第8回「竹島(独島の日本名)の日」の22日、日本の行政区域上で独島を含む島根県の県庁所在地の松江市は、完全に右翼の祭りの場となった。記念式が開かれた島根県民会館をネクタイをした右翼が掌握し、会館の外は黒いジャンパーにトレーニングウェア、角刈りの右翼団体会員が集まっていた。

右翼の首長である安倍晋三首相が初めて政府官僚を派遣したことで、予想通り雰囲気は盛り上がった。

約500人が参加した記念式の壇上は、政府代表の島尻安伊子内閣府政務官(次官補級)と国会議員らが埋めた。小泉純一郎元首相の二男で“国会議員アイドル”と呼ばれる自民党の小泉進次郎青年局長をはじめ、過去最多となる19人の議員が姿を現した。全国から集まった記者の数も昨年の3倍以上の120人にぼった。東海(トンヘ、日本名・日本海)側の田舎町である島根のごり押しレベルの行事が、準政府行事級のイベントに格上げされた。

島尻安伊子政務官はあいさつの言葉で「竹島は言うまでもなく日本の領土」とし「島根県の皆様の知恵を受けて粘り強く確実に解決する」と述べた。島尻政務官は「記念式出席は日本政府の判断。他の国がどうこうと言うことではない」と強調した。

そして右翼議員が順にマイクの前に立った。「日本の領土を守るために行動する議員連盟」を率いる山谷えり子議員は「韓国が竹島でファッションショーを開き、各種施設を増築するなど、とんでもないことをしている。自分の体の一部を奪われたように痛む」と述べた。

民主党の閣僚としては初めて靖国神社を参拝した松原仁議員は「今日の記念式で確認された力を日本全体に広めるべきだ」と主張した。

極右政党「日本維新の会」の西村真悟議員は「韓国には竹島を奪われ、北朝鮮には人が拉致された。日本が力を使えなくなっているのは日本を悪い国と規定した自虐的な憲法」と述べ、憲法改正問題を持ち出した。

最高の注目を浴びた小泉進次郎議員は記者に対し、「今日の行事を一回だけで終わらせるのではなく、これから続けていかなければならない」と述べた。

記念式で島尻安伊子政務官が「韓国は利益を共有する重要な隣国」と述べると、会場から「そんなことはない」とヤジが飛ぶ場面もあった。韓国に対する良くない感情がピークに達した大会だった。

行事場所の外では警察と右翼団体の対立が続いた。約400人が総出動した島根県警察がバリケードを動員し、右翼車両の行事場所周辺への接近を封じた。すると、右翼団体広報車は記念式開始4時間前の午前9時30分から拡声器で、「韓国人をみんな殺そう」 「独島は日本の領土」と主張した。

厳つい顔立ちの右翼団体の会員が3、4人ずつ組んで韓国人記者の周辺をぐるぐると歩いたりもした。警察は「日本語が話せるなら日本語を話してほしい。韓国語は危険」と韓国の記者に注意を与えた。

韓国市民団体と日本右翼間の神経戦もあった。独島守護全国連帯の会員7人は警察の保護の中、10分間ほど抗議集会を開いた。日本右翼団体の約10人は警察を押し退けながら「ゴキブリのような韓国人はみんな死ね」と怒鳴り、20代の日本人女性は下手な韓国語で暴言を繰り返した。また独島守護隊のキム・ジョムグ代表は行事場所の周辺で「独島は韓国の領土」と書かれたビラをまき、日本の右翼との間でもみ合いとなった。

◇島根県住民は行事に無関心=行事場所周辺の雰囲気は右翼一辺倒だったが、松江の一般住民はこの日の行事に無関心だった。松江市内で会った匿名を求めた60歳代の人は「安倍政権に入って領土問題に没頭する姿を見せているが、私は竹島の日に特に関心はない。私以外にもそういう人はたくさんいる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「竹島の日」出席の日本政務官「韓国がどうこう言うことではない」

    2013.02.23 10:39
    뉴스 메뉴 보기
    島根県が主催した「竹島の日」行事が開かれた22日、行事場所の島根県民会館の外で、独島守護全国連帯など韓国市民団体会員が日本の警察に囲まれながら太極旗を持って抗議デモを行っている。
    TOP