주요 기사 바로가기

【コラム】韓国、中小企業も為替リスク管理を(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.22 15:54
0
中小企業が今後のウォン高または円安時代に賢く対処するためには、いくつか必要なことがある。一つ目、市場展望と関係なく為替レート変動リスクに露出した金額の半分ほどはヘッジする。残り半分は為替の変動によって売れるように残しておく。

二つ目、市場状況によって適切なヘッジ手段を幅広く活用する。すなわちヘッジ商品の為替変動保険、先物、通貨オプションのうち、企業のレベルと市場状況に合うヘッジ商品を適切に活用する。

三つ目、最適のヘッジ時点を選定するために努力する。為替ヘッジ成功の核心はタイミングだ。状況を綿密に分析して良いヘッジ時点を選定できる能力を持たなければならない。

四つ目、ヘッジ取引実行後に為替レートが不利な方向に動く場合、放置せず積極的な事後管理戦略を実行する。KIKO事態で企業が莫大な損失を出した理由の一つは、事後管理を全くしなかったからだ。事後管理戦略には手仕舞い、派生商品決済満期の延長、派生商品取引の再構造化などの方法がある。これを活用すれば、たとえヘッジ後に為替レートが企業に不利の方向へ変わっても、その損失を最小限に減らせる。

現在のようにウォン高が急激に進む時期、中小企業の為替リスク管理は選択でなく必須だ。自主的に為替リスクを管理する能力がなければ、金融機関や為替リスク管理専門家の支援でも受ける必要がある。為替リスクは回避できないリスクだ。避けられなければ賢明に管理するしかない。為替レートが急変する度に中小企業が苦痛を訴える状況はもう終えなければならない。

ファン・ソンミンSM投資諮問代表
【コラム】韓醍、中小企業も為替リスク管理を(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP