주요 기사 바로가기

サムスン電子、米ITC・連邦地裁にエリクソン逆提訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.27 11:51
0
サムスン電子が米国際貿易委員会(ITC)とテキサス東部連邦地裁にスウェーデンの通信装備会社エリクソンを逆提訴した。

26日の特許専門ブログ「フォスパテンツ」によると、サムスン電子は21日(現地時間)、米ITCとテキサス東部連邦地裁に特許侵害関連の告訴状を出した。告訴の対象はエリクソンの無線通信装備製品で、ITCと連邦地裁に同時提訴したため、輸入および販売差し止め要請が同時に進行中だ。

今回の逆提訴は、エリクソンが先月、自社の通信標準特許を侵害したという理由で、ITCとテキサス東部連邦地裁にサムスン電子を提訴したことで始まった。エリクソン側は「われわれが保有する通信関連特許を、サムスンは十分な代価を支払わずに使用した」と提訴の理由を説明した。

今回の逆提訴について、サムスン電子は「エリクソンとの交渉に誠実に臨んできたが(エリクソンは)交渉の代わりに過度な法的措置を取った」とし「企業保護レベルでやむをえず、ITCと裁判所に提訴することを決めた」と公式立場を明らかにした。

一方、このブログを運営する知識財産権専門家フロリアン・ミュラー氏は、今回の訴訟の背景は「欧州市場のライバル」に浮上したサムスンの現在の地位を表している、と説明した。

ミュラー氏は「サムスンがエリクソンの市場の欧州で通信基盤施設事業のライバルに浮上し、サムスンとの競争でエリクソンが勝機をつかむために先制攻撃をした」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP