주요 기사 바로가기

【コラム】麦芽含有量も公開しない韓国ビール(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.21 17:38
0
麦芽含有量だけではない。 ビールにビール香料が入っているという疑惑について、業界が明確に答えたことがあっただろうか。 これでは消費者も、「合法的な添加物だから文句を言うな」という態度として受け止めることになる。 ビール業界の広告マーケティング費用は非常に大きい。 その費用の一部でもより良いビールを作ろうという努力に使ったのかと尋ねる消費者が多い。

目隠しで味見すると、いくつかの国産ビールは輸入ビールと肩を並べるほどのものもある。 実際、私もよく管理されている国産ビールの味に驚くこともある。 豊富なクリームを維持するサービング装備を導入し、清潔に管理されたビールだった。 しかしビールの大半を占めるボトルビールに対しては、もう期待しないのが習慣になっている。 外国企業はビール生産後、できるだけ早い時間内に消費者に届くよう努力しているという。 3日以内の出庫製品が景品になるイベントもある。 しかし韓国ビール会社は出庫後、自社のビールがどう流通しているのかについて、あまり関心がないようだ。 そうでなければ、今でも出庫2、3カ月経った気が抜けたビールを飲んでいる消費者の不満をそのまま放置するだろうか。

ビールはアルコール度数が低く、どの渇きを癒してくれる。 きつい酒の代わりにビール2杯ほどで終える酒の席は、国の医療負担も減らしてくれるはずだ。 しかしビールがまずいという偏見は、相変わらず「チキン」を食べるための飲料程度に思わせる。 国産ビールに自信があるのなら、なぜ惑うのか。 ビール愛好家は真実を知りたがっている。 そしてその答えを待っている。

パク・チャンイル飲食コラムニスト
【コラム】麦芽含有量も公開しない韓国ビール(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP