주요 기사 바로가기

稼働しないLG化学のEV車バッテリー米国工場、一体なにが…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.23 11:45
0
電気自動車・ハイブリッド車向けのバッテリー製造会社が不振から抜け出せずにいる。電気自動車・ハイブリッド車があまり売れていないからだ。価格が高いうえ、世界的な景気低迷まで重なり、電気自動車の需要が予想を大きく下回り、それがバッテリー会社に影響を与えている。

米ミシガン州ホーランド市にあるLG化学の電気自動車バッテリー工場は米国政府の監査を受けている。米国政府の資金支援を受けたこの工場が稼働せず、税金を浪費したという問題が提起されたからだ。

現地放送ウッドTVは21日(現地時間)、米エネルギー省が最近、LG化学工場に対する会計監査に着手したと報じた。この放送局は、「出勤すれば清掃をしたり、構内食堂に座って勉強をする。一日中、ボードゲームや数独をしたり、映画を見る人もいる」という職員のインタビューを映し出した。

また「納税者が出した税金が無駄に使われた」と報道した。

雇用創出を目標に制定された景気浮揚法に基づき、米エネルギー省が工場建設などに1億5100万ドル(約1600億ウォン)を支援したが、工場が稼働せず雇用も増えないため、批判が出始めたのだ。

工場が稼働しない理由はGMの電気自動車「ボルト」が売れていないからだ。2010年7月に着工されたこの工場は今年6月に完工した後、GMにバッテリーを納品する計画だった。しかし「ボルト」の販売が振るわず、工場は稼働しなかった。GMは今年、「ボルト」を5万台売るという目標を設定したが、先月までの販売台数は1万9000台。

LG化学は現在、忠清北道梧倉工場で製造した余剰量をGMに納品している。LG化学の関係者は「市場の需要が回復すればいつでも工場を運営できるようラインを点検し、職員を訓練している」と述べた。監査結果は12月中旬に出るという。
稼働しないLG化学のEV車バッテリー米国工場、一体なにが…(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    稼働しないLG化学のEV車バッテリー米国工場、一体なにが…(1)

    2012.11.23 11:45
    뉴스 메뉴 보기
    大田(テジョン)のLG化学技術研究院に展示されている電気自動車用バッテリーの縮小模型。最近、電気自動車の販売不振で、LG化学など国内外の電気自動車バッテリー企業が厳しい状況にある(写真=中央フォト)。
    TOP