주요 기사 바로가기

韓国貿易委、日本製アルミボトル缶にダンピング判定

ⓒ 中央日報日本語版2012.11.01 16:38
0
1日の韓国メディアによると、韓国貿易委員会は先月31日の会議で、日本製アルミボトル缶に対し、今後3年間4.59%のダンピング(不当廉売)防止関税を課すことを企画財政部長官に建議することにした。

今回の決定は、昨年12月に韓国企業テクパックソリューションが日本製アルミボトル缶に対して申請した反ダンピング調査の結果に基づくものだ。

韓国貿易委は調査の結果、日本製アルミボトル缶のダンピングで国内企業が平均16.6%の低い稼働率となったほか、営業損失を出し、国内産業の発展が遅れると判断した。

アルミボトル缶は主に飲料の容器として使われる。韓国市場規模は昨年基準で207億ウォン(約15億円)で、うち日本製が98%のシェアを占めている。

貿易委がダンピング判定結果を通報すれば、企画財政部は1カ月20日以内にダンピング防止関税を課税するかどうか最終確定することになる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP