주요 기사 바로가기

<サッカー>“独島パフォーマンス”朴種佑のメダル証明書、受領8日後に公開された理由は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.11.01 09:54
0
国際オリンピック委員会(IOC)が発給した朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山)のロンドンオリンピック(五輪)銅メダル証明書は、すでに数日前に出ていたことが明らかになった。

大韓サッカー協会は31日、坡州(パジュ)NFC(代表チーム トレーニングセンター)で五輪代表選手の銅メダル証明書を公開した。証明書にはメダルを獲得した選手の名前のほか、ジャック・ロゲIOC委員長とセバスチャン・コー・ロンドン五輪組織委員長の署名が入っている。主将の具滋哲(ク・ジャチョル、23、アウクスブルク)、DF金基熙(キム・ギヒ、23、アル・サイリア)だけでなく、「独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス」で銅メダル授与が保留された朴種佑の計3人のメダル証明書がこの日公開された。

証明書が公開されたのは31日だったが、サッカー協会は8日前に受領したと伝えた。協会関係者は「大韓体育会を通じて17日に(証明書発給の)連絡を受け、23日に坡州NFC内の代表チーム支援部に証明書が到着した」と述べた。しかし1週間以上も各選手に伝えられていない点については、「朴種佑関連問題が完全に解決した後に公開しようとした。円満に解決した後、みんなで一緒に証明書を受けるのがより意味があると判断したため」とし「敏感な時期なので悩んだが、結局、公開することになった。朴種佑にもすぐに証明書を伝える計画」と伝えた。

しかし証明書の発給と懲戒、メダルの実際の授与などの関連性については一線を画した。この関係者は「各種目のメダリスト全員に伝えられた証明書であり、朴種佑にもそのレベルで交付されたと理解している」とし「現在進行中の国際サッカー連盟(FIFA)賞罰委員会とは別の次元で発給された。状況を見守らなければならない」と拡大解釈を警戒した。朴種佑関連問題を実質的に扱っている協会国際局の関係者も「結果を待つ必要がある。慎重に見ていくべき」と述べた。

朴種佑は8月11日に行われたロンドン五輪男子サッカー3位決定戦の後、「独島はわが領土」と書かれた紙を観客席から渡され、パフォーマンスをした。しかしIOCが政治的行為を禁止するオリンピック憲章50条に違反した疑いがあるとして、銅メダル授与を保留し、FIFAに真相調査を依頼した。

1次真相調査の結果に基づき10月5日のFIFA賞罰委員会で朴種佑問題が扱われる予定だったが、追加資料が必要だという判断から議論が延期された。賞罰委員会は来月中に開かれ、懲戒関連の最終決定が下される見込みだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>“独島パフォーマンス”朴種佑のメダル証明書、受領8日後に公開された理由は?

    2012.11.01 09:54
    뉴스 메뉴 보기
    朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山)。
    TOP