주요 기사 바로가기

日本自民党は“右翼ツートップ”…安倍新総裁、幹事長に石破氏を起用(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.28 08:43
0
安倍総裁は石破氏の幹事長起用で得るものが多い。前日、石破氏は地方党員に割り当てられた300票のうち165票を獲得し、1次投票で1位になった。しかし国会議員だけの投票で行われた決選投票で苦杯をなめた。安倍総裁としては「党員でない国会議員だけの代表」という非難を抑えるためにも、石破氏を抱え込まなければならなかった。

また50代総裁-50代幹事長体制は、過去の“老いた自民党”イメージを拭うのにも役立つ。すでに党内最大派閥である町村派の大物、福田康夫元首相(76)が次期総選挙への不出馬を宣言した。また古賀派を率いた古賀誠元幹事長(72)も派閥会長職を辞任すると明らかにした。派閥の影響力が相対的に弱まり、安倍総裁を中心に自民党が再編される雰囲気だ。

「強い日本」を前面に出した安倍総裁が自民党を掌握し、次期総理に一歩近づいたことで、右傾化に対する日本国内の懸念も強まっている。朝日新聞は社説で、「総選挙後に安倍総裁が実際に河野談話と村山談話を修正しようとすれば、いったいどういうことが起きるだろうか」「反省しないというイメージが固まれば、隣国だけでなく国際社会で日本の信用は傷つくだろう」と警告した。東京新聞は「民主党の野田首相、自民党の安倍総裁など党内で最も保守的なタカ派が与野党を掌握した」と日本の右傾化を批判した。
日本自民党は“右翼ツートップ”…安倍新総裁、幹事長に石破氏を起用(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP