주요 기사 바로가기

「おかしな日本」岩井俊二監督のツイートが韓国で話題(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.21 10:43
0
ある韓国人が「母国の韓国が好きだが、韓国政府は好きでない」とコメントすると、岩井監督は「今の日本の政府も残念ですよ。その政府のなしたことで国民までが憎まれるというのが最近の現象。どの国の国民もみんな被害者。こういう時は国境を越えて同じ気持ちの仲間が連帯して今の平和を守らないと」と答えた。

岩井監督のコメントは300-400回ずつリツイートされ、ネットユーザーの間で話題になっている。インターネット上では「領土紛争で傷ついた韓国人と中国人に『お元気ですか』と温かく安否を問うようだ」などの反応が続いた。小説家の李外秀(イ・ウェス)氏は岩井監督の発言をリツイートしながら、「こういう言葉を言えてこそ真の芸術家」とコメントした。そのほか、「称賛に値する日本人の真心が感じられる正答」「(日本人として)こんな発言をするということ自体がすごい」など多数の韓国ネットユーザーが拍手を送った。

一方、日本ネットユーザーは不満を表している。ツイッターを中心に「芸能関係者はすべて反日だ」「岩井俊二の子ども以下のコメントに吐き気がする」などとコメントしている。

岩井監督は昨年の東日本大震災を扱った「friends after 3.11」というドキュメンタリーを制作するなど、原発反対運動を行ってきた。韓国では99年に公開された「Love Letter」と「四月物語」などの映画で人気を呼んだ。
「おかしな日本」岩井俊二監督のツイートが韓国で話題(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP