주요 기사 바로가기

「野田首相、国連で韓国に独島ICJ義務的管轄権受諾を要求」

ⓒ 中央日報日本語版2012.09.21 10:27
0
日本の野田佳彦首相が26日、国連総会演説で国際司法裁判所(ICJ)に領土問題を提訴した場合、相手国が義務的に応じる「強制管轄権(義務的管轄権)」受諾を韓国をはじめとする各国に要求することにしたと21日、読売新聞が報道した。

読売新聞は「日本は義務的管轄権を受諾しているだけにこれを受け入れない韓国、中国との差別化を浮上させて、日本の主張の正当性を国際社会に知らせようとするものだ」と伝えた。

強制管轄権はある国家が領土問題などと関連して提訴すればICJが相手の国家に対して裁判に参加するよう強制する権限だ。

野田首相が国連総会演説で領土問題を言及した場合、韓国と中国の強い反発が予想される。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP