주요 기사 바로가기

米裁判所、「ギャラクシータブ10.1」販売差し止め解除要請を棄却

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.19 15:12
0
米裁判所が「ギャラクシータブ10.1」の米国内販売差し止めを早期に解除してほしいというサムスン電子の要請を拒否した。

19日の海外メディアによると、米カリフォルニア連邦北部地裁のルーシー・コー判事は、サムスン電子が先月26日(現地時間)に提起したギャラクシータブ10.1の米国内販売差し止め解除申請を受け入れなかった。

コー判事は申請を受け入れない理由に「管轄権がない」と述べた。 仮処分申請の控訴審が控訴裁判所で進行中で、1審裁判所に管轄権がないということだ。

ギャラクシータブ10.1の販売差し止め要請は、昨年7月にアップルがギャラクシータブ10.1の販売差し止め仮処分を申請して始まった。 コ判事は同年12月、これを棄却したが、今年4月にアップルが控訴した。

抗訴裁判所は1審の決定に問題があるとして再審決定とともに事件を1審に差し戻し、コ判事は再審を経て6月26日、ギャラクシータブ10.1の販売差し止め決定を下した。

こうした中、先月24日、サムスンとアップルの特許本案訴訟で、米国陪審員がギャラクシータブ10.1はアップルのデザイン特許を侵害していないという評決を出すと、サムスンは直ちに販売差し止めを早期に解除してほしいとして仮処分申請を出した。

しかしコー判事が管轄権がないという理由で棄却したことで、ギャラクシータブ10.1は控訴審決定が出るまで販売差し止めが続くことになった。控訴審の結果は今年中に出ると予想される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米裁判所、「ギャラクシータブ10.1」販売差し止め解除要請を棄却

    2012.09.19 15:12
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子ギャラクシータブ10.1。
    TOP