주요 기사 바로가기

「東海」を世界に知らせた韓国のサイバー外交使節団「VANK」(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2012.09.06 16:16
0
VANKが有名になっただけに、パク団長も月に20回ほどオピニオンリーダーを対象に講演をする‘社会名士’に分類されている。とはいえ、派手な活動をするわけではなく、余裕があるわけでもない。1年間の事業費は6億ウォン程度だが、正会員の加入費と寄付金、企業の後援支援金で充当する。パク団長を含め、常勤者6人が住宅街にある家賃90万ウォンのみずぼらしい20坪の事務室で、会員10万人ができることを企画する。

VANKの成果のため、政界からのラブコールも少なくない。昨年冬、ハンナラ党(現セヌリ党)汝矣島(ヨイド)研究所で講義をしたところ、ツイッターで集中攻撃を受けた。「失望した」という電話が殺到した。「実際、2年前には民主党の招待で講義をしました。こういうことを経験して、気をつけなければいけないと思いました」。パク団長は最近、何を広報するべきかをよく多く、より徹底的に考えている。「独島と東海表記という妥協できないことで照明を受け、(VANKの)強硬なイメージが強い」というのがパク団長の話だ。「独島はVANKがいつも胸に抱いている問題であることには間違いありません。毎年、光復節(解放記念日)前後に3泊4日間、会員と独島で宣言式をする理由も、こうした情熱を再確認するためです」。パク団長は今年も優秀会員およそ70人と一緒に独島を訪問し、記念式を開いた。

パク団長は政府の政策に反するイシューを議題に決めないという原則も守っている。「韓国を広報するので、政府に反対することはできません。たとえばVANKが犬肉を広報することはできないでしょう。その代わり政権広報はしません。私はソウル市広報大使、韓食広報大使もしていますが、主要20カ国・地域(G20)首脳会議や韓米自由貿易協定(FTA)を広報してほしいという提案は断りました」。

パク団長が今後することは無限にある。独島と東海を知らせて浮上した団体だが、VANKがしていることは世間に知られているものよりもはるかに多様だ。パク団長は「韓国を世界に知らせることも重要だが、世界に対する韓国人の偏見を変えることも必要です」と述べた。特にアジア・アフリカに対するイメージがかなり歪曲されているというのがパク団長の説明だ。「国家広報の完成は国民だと思います。私たちがどれほど外の世界を理解するかによって、外の世界が韓国を見る目が変わってきます」。

VANKは最近、海外文化遺産紹介地図、韓食紹介ハガキなど、英語広報物およそ30種類を制作して配布している。年間に約20万部、10年間に計100万部が配布された。韓食の広報、直指心体要節などの韓国記録文化を知らせることにも力を注いでいる。韓国を広報する活動をしながら積み上げたノウハウを他国に伝授するプロジェクトも計画している。パク団長は京畿道(キョンギド)や江原道(カンウォンド)に「VANK学校」を設立する案も推進中だ。

「一種の放課後学校だが、なぜ勉強が必要で、どんなことができるかを悟ってもらうプログラムを運営する予定です。歴史を見れば、一国が革新的に発展する時代には、華麗なスタープレーヤーの役割をするリーダーとともに、そのリーダーのビジョンを後押しする世代がありました。私はそのような‘VANK世代’を育てる役割をしたいと思います」。

パク団長が「VANK世代」という未来の世代は、世界を舞台にしようとする自信満々な世代だ。「私たちの時代までは、外国に出れば韓国がどこにある国かも知らない人がたくさんいました。しかしVANK世代は違います。韓国はすでに主要国家ですから。‘自分が世の中の中心’であることを知る希望の世代を育てることが、VANKが今後やるべきことのようです」(中央SUNDAY 第286号)


「東海」を世界に知らせた韓国のサイバー外交使節団「VANK」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP