주요 기사 바로가기

「私は世の中の問題の人物」文鮮明統一教総裁、波乱万丈の92年の生涯閉じる(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.04 09:57
0
3日に他界した文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁は、統一教を約50年間で世界的な新興宗教に育てた立志伝的な人物だ。世界に数十にのぼる企業を設立した事業家でもあった。ニクソン、レーガンなど米大統領はもちろん、ソ連のゴルバチョフ大統領など当代の政治権力とも接触した。北朝鮮を2度訪問し、金日成(キム・イルソン)主席と義兄弟関係を結んだりもした。

文鮮明氏は1920年に平安北道定州(チョンジュ)で生まれた。定州公立普通学校・京城商工実務学校を経て、1941年に日本に渡り、早稲田高等工学校に通った。自叙伝『平和を愛する世界人として』によると、文氏は16歳の時にイエス・キリストと霊的に出会った。将来の人類を救援する使命を引き受けるという啓示を受けたという。20代半ばにもう一度の霊的な体験を通じて、統一教の論理を整えた。イエス・キリストが果たさなかった理想の世界を地上で成し遂げるということだ。

韓国戦争(1950-53)直後の54年、文氏はソウル奨忠壇公園付近で統一教の前身の世界基督教統一神霊協会を設立した。その後、自らをメシアと称し、60年に結婚した23歳の2人目の夫人、韓鶴子(ハン・ハクジャ)氏(69)とともに統一教内で神的存在の父母となった。キリスト教の教理に家庭の純潔、世界平和哲学を補った統一教は急速に成長した。既成の教会に嫌気を感じたキリスト教信者を主に吸収した。

54年に梨花女子大の女性神学者キム・ヨンウン教授が統一教に改宗した事件が端的な事例だ。この事件は逆風を呼んだ。統一教を受け入れた梨花女子大・延世大教授・学生およそ20人が解任・退学処分を受けた。文総裁自身も翌年、拘束された。
「私は世の中の問題の人物」文鮮明統一教総裁、波乱万丈の92年の生涯閉じる(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「私は世の中の問題の人物」文鮮明統一教総裁、波乱万丈の92年の生涯閉じる(1)

    2012.09.04 09:57
    뉴스 메뉴 보기
    統一教を創始した文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁が3日、死去した。写真は09年6月にソウル・コエックスで開かれた自叙伝『平和を愛する世界人として』出版記念会当時。
    TOP