주요 기사 바로가기

<サッカー>朴種佑「ギグスは試合中に暴言…失望した」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.31 16:49
0
ロンドンオリンピック(五輪)男子サッカーは釜山の男の舞台だった。

プロサッカー球団の釜山(プサン)アイパークは、五輪代表選手を3人も輩出した。 主将の金昌洙(キム・チャンス、27)、MF朴種佑(パク・ジョンウ、23)、GKの李範永(イ・ボムヨン、23)だ。 洪明甫(ホン・ミョンボ)五輪代表チーム監督がアン・イクス釜山監督に「申し訳ない」と話すほどチームの主軸選手だ。 しかしアン監督は「五輪が重要」と言いながら快く送り出し、3人は五輪の主役になった。 釜山のクラブハウス付近の飲食店で3人に会った。

今大会で最も注目された選手は朴種佑だった。 朴種佑は「独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス」で一躍有名人になった。 朴種佑は相変わらず慎重な態度だった。 「偶発的なことだった。 まだ決定したことはなく、話せることはない」と理解を求めた。 李範永は「表彰式の日、突然サッカー協会の職員が来て、『種佑はメダルを受けられない』と話した」とし「種佑が抜けて心配を胸に表彰式に向かった」と当時の状況を振り返った。

朴種佑は「英国のライアン・ギグス(39、マンU)とやってみたい」と話していた。 そして準々決勝でぶつかった。 感想を尋ねると、「失望した」という言葉が返ってきた。 「彼の経歴と技術は尊重に値する。 しかし試合に臨む時の誠意がなかった。 ぶつかる度に暴言を吐いた。 だからもっと激しくした」。朴種佑は「具滋哲(ク・ジャチョル)先輩がギグスとユニホームを交換すると言っていたが、試合に臨む態度を見て気持ちが変わったと話していた」と伝えた。

釜山の男は五輪期間中、けがと戦った。 朴種佑は初戦のメキシコ戦で腰を痛めた。 金昌洙は準々決勝の英国戦で右腕を骨折する重傷を負い、李範永はブラジルとの準決勝でひざを踏まれた。 金昌洙は「私は準々決勝以降はプレーできない体になった。 韓国へ帰ることになるのではと心配になった」と振り返った。 金昌洙が途中で韓国に帰国していれば、兵役免除を受けることができなかった。 本大会で1秒以上プレーしたとしても、メダルが決定する試合のエントリーに含まれていなければ兵役免除は受けられないという条項のためだ。 金昌洙は「洪監督が私を最後まで連れて行くと話した時は、涙が浮かんだ」と語った。 李範永は「監督のこうした細心な配慮のおかげで選手団が一つに団結できた」と五輪チームの成功の秘訣を伝えた。

3選手は釜山サッカーを愛してほしいという言葉も忘れなかった。 李範永は「まだ大宇ロイヤルズ(アイパークの前身)という人がいる。 釜山サッカーも野球に劣らない魅力がある。 たくさんの人々に競技場に出てきて応援してほしい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴種佑「ギグスは試合中に暴言…失望した」

    2012.08.31 16:49
    뉴스 메뉴 보기
    “釜山の男”朴種佑(パク・ジョンウ)、金昌洙(キム・チャンス)、李範永(イ・ボムヨン、左から)。
    TOP